「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ニュース★いろいろ
クワイエット・ライオットのケヴィン・ダブロウが急死
(CDジャーナル 2007/11/27)

a0026447_191483.jpg80年代にBURRN!を読んでいた熱心なHR/HMファンなら誰もが知っているシンガー、ケヴィン・ダブロウが亡くなったそうです。
死因はまだ明らかにされておらず、ラスベガスの自宅で遺体となって発見されたとのこと。

最近は全く気にも留めていなかったんですが、クワイエット・ライオットを2005年に再結成し、昨年には5年ぶりの新作をリリースしていたそうです。
その新作「Rehab」は来年1月に国内盤のリリースも決定していた矢先の訃報でした。R.I.P.



元ザ・ダークネスの3人による新バンド、いよいよ始動
(CDジャーナル 2007/11/22)

a0026447_1921927.jpgフロントマンのジャスティン・ホーキンスが脱退してしまい、動向が気になっていた残りのメンバー達ですが、いよいよ新しいバンドで活動すると伝えられています。
ベース・プレイヤーだったスキンヘッドのリッチー・エドワーズが、シンガー兼ギター・プレイヤーに。
ダンとエドはそのまま。
そしてベース・プレイヤーとして、新たにトビー・マクファーランドという人物が加入することになったそうです。

やはりダークネス名義で活動再開はしないんですね。
たしかに、あのヴォーカルはいくらリッチーでも真似できないし、真似されてもなんだか変だし。
ソングライティングやパフォーマンスを含め、ダークネスというのは間違いなくジャスティンのバンドだったと思います。
だから元ダークネス三人のバンドといっても、ダークネスにはほど遠いバンドになりそうな気がします。



「風化風葬 沖縄限定セット」DVD版11/21リリース!!
(Coccoオフィシャルサイト News 2007/11/19)

a0026447_192582.jpg先週の名古屋を皮切りに、いよいよ全国ツアーをスタートさせたCocco。
しばらくご無沙汰だったオフィシャルサイトを覗いてみると、いろいろリリースされてました。
まずは「ジュゴンの見える丘」のシングル。
沖縄限定盤として9月にリリースされ、大きな反響を呼び、全国で販売することになったとのこと。
タイトル曲以外のカップリング3曲がソソります。

で、シングルとVHSのセットを沖縄限定でリリースした2001年の名曲「風化風葬」。
こちらがDVD版としてリリースされるそうです。
VHS版のときは沖縄限定でしたが、今回も沖縄限定。
「ジュゴン〜」は全国に発展したのに「風化風葬」だけは特別なんでしょうか。
シーンに復帰してからというもの、良くも悪くも変わってしまったCoccoだけに、個人的にはDVD版の「風化風葬」を沖縄限定としたことに少しホッとしています。
まあ、通販を利用すれば日本全国で買えちゃえますが(笑)。

でもって、「ジュゴンの見える丘」のジャケット写真のCoccoに注目。
ヂビュー当時は「狼に育てられた少女」みたいだったのに、今や普通の女性ですね。
もう、ロックじゃないな、これは。

12月7日には「ミュージックステーション」生出演。
そして、そろそろ年末の紅白出場歌手が発表される時期。
今年はNHKでいろんな仕事してましたが、さて、どうなることやら。
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-28 19:04
ニュース☆いろいろ
a0026447_0475956.jpgおひさしブリーフ(笑)
ラット/ウインガーのジョイント・ライヴ、横浜で観てきました。
そのうちレポートを書きますが、結構楽しかったです(笑)。

で、ラット/ウインガーの次は、楽しみにしていたヴェルヴェット・リヴォルヴァー!
……だったんですが、ご存じのようにキャンセルになってしまいました。

私はチケット購入先のイープラスからのメールで知りました。
メールチェックのときに件名をチラっと読んで、「あ、やっぱ延期かあ」くらいに思っていたんですが、キャンセルだったんですね。
ショックです。
というかこの先も心配。
それはキャンセルの原因が「ビザ申請の却下」だから。

昨年の法改正の一環として、テロの未然防止のために外国人の入国審査が厳しくなったというのはニュースで知っていました。
入国申請時に指紋と顔写真の提供が義務付けられたというニュース。
日本に到着して最初にすることが、指紋の採取と顔写真撮影だなんて「犯罪者扱いされるようで嫌だろうなあ」と私は思ったものです。もちろん他人事で(笑)。
それがこんな形で跳ね返ってくるとは。

今回のヴェルヴェット・リヴォルヴァー来日不可能の原因はおそらくスコットの逮捕歴。
でも、私が記憶している限り、最後に逮捕されたのは1stアルバムの制作中だった2003年。
刑務所から保釈された夜に名曲“Fall To Pieces”の歌入れを完成させたというロックな逸話は有名です。
2005年には来日してるし、それ以来新たに逮捕されたってニュースは耳にしていません。

もちろんバンド側は今回の件に抗議しているそうですが、改めて結果が出るまでに数カ月の期間が必要になるとのこと。
もし結果が覆らず、入国審査の内容も変わらないままだと、たぶん私の好きなバンドやアーティスト達のライヴを日本で観る機会が少なくなってしまいます。
絶対にオジー・オズボーンは入国拒否されるだろうし(笑)、ストーンズだって1973年の「幻の初来日」の前例があるし。

ロックを芸術だとは思いたくないけれど、芸術家のような唯一無二の存在についてはもっと寛容というか、大目にみてやって欲しいなあ。
案外、法務大臣が代われば簡単に変わったりすることありますよね。
もしくはロックな政治家、出てこいやー!


■ 来日公演キャンセルのお知らせはコチラ(クリエイティブマン)
■ 新しい入国審査手続の概要PDFはコチラ(法務省入国管理局)
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-20 00:50
予習復習☆いろいろ
いやー、早いもので今月末にはヴェルヴェット・リヴォルヴァーの来日公演ですよ。
私は30日の武道館チケットをイープラスの先行でゲットしたんですが、到着したチケットの席は残念ながら一階スタンドでした。
関係者席に近いので、ライヴが始まるまでは「セーソク探し」でもしてようかなと。

で、今回のツアーや夏に参加したフェスの音源(もちろん非公式)を聴く限り、カヴァー曲を多くプレイしているようです。
最新アルバム「Libertad」でもE.L.O.の“見果てぬ想い”が収録されてましたが、ライヴでは違う曲もプレイしています。
ということで、予習がてら聴いておきたい5枚のアルバムを紹介しておきます。
予備知識を全く入れないでライヴに臨みたい、という人は読まないでくださいね。


■ Talking Heads / Talking Heads: 77(1977)
a0026447_123367.jpg奇才、デヴィッド・バーン率いるトーキング・ヘッズのデビュー・アルバム。
名盤の誉れ高い4thに比べるとシンプルな曲が多いなか、M10“Psycho Killer”のフックは強烈。
ヴェルヴェット・リヴォルヴァーはこの曲をカヴァーしてEPに収録。さらに最近のライヴでは毎回のようにプレイしています。


■ Pink Floyd / Wish You Were Here(1975)
a0026447_1244453.jpgピンク・フロイドが「狂気」に続いて発表した「炎」。
アルバム・タイトルでもあるM4“Wish You Were Here”は脱退したシド・バレットに捧げたとも言われる、ピンク・フロイドの代表曲のひとつ。
最近のライヴでは“Set Me Free”の前後にこの曲をプレイしているようです。


■ Stone Temple Pilots / Core(1992)
a0026447_125198.jpgご存じ、スコットが在籍していたストーン・テンプル・パイロッツのデビュー・アルバム。
M2“Sex Type Thing”M11“Crackerman”は、前回の来日公演でもプレイされました。
今回のツアーではガンズの“It's So Easy”→“Sex Type Thing”という流れで聴けるかもしれません。


■ Stone Temple Pilots / Purple(1994)
a0026447_1255587.jpg「Core」に続く2ndであり、個人的にはストテンの最高傑作。
M2“Vasoline”は当時ヘビロテだったので、ストテンを聴いてなかった人でも耳にしたことがあるかも。
今回のツアーでは、“Vasoline”→“Fall To Pieces”という鳥肌モノのセット・リストが定番のようです。


■ Guns N' Roses / Appetite For Destruction(1987)
a0026447_126299.jpgファンには説明不要のアルバムですね。
今回のツアーでも「GN'R Lies」収録の“Used Love Her”と並び、M2“It's So Easy”とM5“Mr. Brownstone”の三曲がプレイされる確率は高いです。いや、鉄板だと考えていいでしょう。
アンコール一発目に“Mr. Brownstone”をやられた日にゃ、アナタ(笑)。


んー、セット・リストを予想するだけでワクワクします(笑)。
でもヴェルヴェット・リヴォルヴァーの前、今週の金曜に観に行くラット/ウインガーは予習・復習ナシ。
「お前だれ? 何組だっけ? あの曲って1stだっけ? なんてタイトルだったっけ?」という同窓会スタンスで臨みます(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-07 01:32
ニュース☆いろいろ
a0026447_1252178.jpg日曜日のYahoo!ニュースに興味深いものがありました。
もちろん政治・経済じゃなければスポーツでもありません。ロックです(笑)。

ソフトバンクの携帯電話のCM、ご存じですよね。
キャメロン・ディアスやブラピが歩きながら通話してるだけのCMです。
BGMには“Copacabana”“Xanadu”といったポップスの名曲から、“Walk This Way”“The Passenger”“You Really Got Me”“Rocks”……などといった、ロックファンなら思わず「おおっ!」と声が出てしまう曲が使用されています。

たとえば“Xanadu”なら歌っているのはオリビア・ニュートンジョン。
当然CMの声も彼女だと思い込んでしまってたんですが、じつは当人ではなく、そっくりさんだというのです。
記事によると、楽曲の権利を持つ側がCMでの使用を拒否したり、使用料が高額なために、そっくりさんヴァージョンを使用するケースがあるそうです。

そういえばブラピの“You Really Got Me”ヴァージョンをはじめて観たとき、なんか違和感を覚えました。
「あれ、これってキンクス? それともカヴァー?」と思って画面を観ても表記がない。
ソフトバンクのこのシリーズCMってほとんど歌手名の表記がないですよね。
ということはエアロスミスもプライマル・スクリームも、イギーポップもそっくりさんだったんでしょうか。
たぶん、キンクスじゃないのは間違いないんだけど。

記事では森永製菓の「ウイダーinゼリー」で使用された“My Sharona”もナックではなくそっくりさんだったと伝えています。
いやいや、全然気付きませんでした(笑)。
まだまだ修行が足りませんね。


あれってオリビアじゃないの!? そっくりさんの歌声、テレビCM席巻(Yahoo!ニュース)
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-06 01:27
ロックな投稿写真
a0026447_782723.jpg
11月4日午後9時過ぎ、中野サンプラザを出るメガデスのメンバーだそうです。
投稿:キャリーノさん(中野区在住)
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-05 07:10
ジミー、指を折る
a0026447_1031529.jpg今月の26日、ロンドンのO2アリーナで開催されるツェッペリンの再結成。
指折り数えて待っていたファンは多いでしょう。
しかし、ジミー・ペイジが指を折っちゃいました(笑)!

wmg.comは、ジミー先生が骨折した箇所・原因について触れていないものの、「先週末に骨折し、三週間はギターを弾けない状態にあるため、コンサートは12月10日に延期される」とアナウンスしています。

チケット購入のための登録を行なうwww.ahmettribute.comも、現在は登録休止状態。
チケットの払い戻しはイギリス時間の14日正午まで可能で、払い戻されたチケットは15日以降、再度抽選により販売されるそうです。

「あ、もしもし、ジミー? おれスラッシュだけど」
「11月の26日さあ、おれニッポンにいるんだよね、ツアーで」
「だからさあ、O2アリーナに行けないんだよね。延期してくんねぇ?」
「指を折ったとかさあ、適当な理由でいいじゃん。頼むよ」

スラッシュがジミー先生にこんな電話をした、というのは私の妄想です(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-03 10:33