<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Ozzy Osbourne / Black Rain(2007)
a0026447_23413256.jpg黒板を爪で引っ掻くと出る「キィー!」という音。嫌いな人多いですよね。
どうしてあの音を不快と感じるのか。こないだNHKでやってました。
あの「キィー!」の音質というか成分は、猿やゴリラなどの悲鳴と同じなんだそうです。
私たち人間も、もともとは猿。
仲間の悲鳴に似たあの「キィー!」を聞いて、無意識に危険や恐怖を感じてしまうようです。


で、あの「キィー!」を聞くと鳥肌が立ちます。
この鳥肌、大辞林によると「寒さや恐ろしさ、あるいは不快感などのために、皮膚の毛穴が縮まって、鳥の毛をむしったあとのようにぶつぶつが出る現象。総毛立つこと。体温調整反射の一つ」とあります。
すなわち鳥肌が立つ原因が寒さや恐怖、不快感だとすると、感動したときの「鳥肌が立つ」という表現は正しくないらしいのです。

しかし、私はオジーの新作「Black Rain」を聴いて鳥肌が立ちました。
まぎれもなく鳥肌でした。しかも2回。
私もこのブログで「鳥肌モノ」とか書いていますが、実際に鳥肌が立つことはそうそうありません。
ロックを聴き始めた頃とは違い、最近は良いアルバムを聴いてもゾクゾク止まり。
ゾクゾクの最終型である鳥肌はずいぶんご無沙汰でした。

むろん全盛期と比較すれば声の伸びはありません。全盛期ならこう叫ぶだろうなあというとこが微妙に違ったり。
サウンドの面ではサンプリングが組み込まれていたり、一味違ったアレンジもありますが、全体的にはどこか懐かしい感じ。
「No More Tears」(1991)以降の枯れた感じのオジーではなく、ロックの名曲をカヴァーするオジーでもない、キャッチーかつヘヴィなオジーが聴けるこのアルバムは復帰作や快心作じゃなく、まさに感動作。
前回の記事で期待度を星ふたつ止まりにした事をオジーに謝りたい(笑)。

ちなみに私の鳥肌ポイント、ひとつめはM1“Not Going Away”のイントロからオジーの声が聴こえてきた瞬間。
私はこんなオジーを待っていたんだなあと痛感したら鳥肌が立ちました。
もうひとつはM8“Here For You”のギターソロ。
私がピアノのイントロに弱いのを知ってか知らずか、ザックのピアノから始まるこの曲。
それだけでゾクゾクしながら聴いていると、いわゆる「泣きのギターソロ」ですよ!
この曲はオジーの過去の名バラードを含めても個人的ベスト2です。
歌詞もすごく好き。
こうなったら来日して欲しい。ライヴを見たい! オジーに水をかけられたい(笑)!
そうなったら寒さと感動で鳥肌立ちまくりですね、きっと。
[PR]
by velvet_iris | 2007-05-29 23:46 | M/N/O
リリース☆いろいろ
先週リリースされたマルーン5の新譜ばかり聴いています。
いや、聴いているというか、ずっと流している状態。
BGMにピッタリなんで、CDプレイヤーに入ったきりです。
でも来週以降、私にとっての重要アーティストの新譜が続々リリースされるんです。
果たしてマルーン5のヘビロテを止めるのはどのアルバムか。

■ Ozzy Osbourne / Black Rain(5/23)
a0026447_23335546.jpg“帝王”オジー・オズボーン6年ぶりの新作。
「No More Tears」をフォローアップした作品とオジーが言ったとか言わないとか。

期待度:★★

■ Bon Jovi / Lost Highway(6/13)
a0026447_2334475.jpg前作のプロデューサーだったジョン・シャンクスや、カントリー系のアーティストを迎えた2年ぶりの新作。
カントリー色の強い作品になるとかならないとか。

期待度:★★★

■ Kula Shaker / Strange Folk(6/20)
a0026447_23353715.jpg今年もフジロックにやってくる新生クーラ・シェイカー、8年ぶりのフル・アルバム。
アルバム発売前には5曲入りミニ・アルバムもリリースされるとかされないとか(いや、リリースされますw)。

期待度:★★★

■ The White Stripes / Icky Thump(6/20)
a0026447_23362069.jpgV2レコードからワーナー移籍した2年ぶり通算6作目。
彼らにしてはレコーディングに“3週間も”掛かったとのこと。
すでに今年最高のアルバムとの呼び声もあるとかないとか。

期待度:★★★★★

■ Ash / Twilight Of The Innocents(6/27)
a0026447_23393110.jpgシャーロット脱退後、3ピースバンドに戻って制作された3年ぶりのアルバム。
サウンドも初期のようにポップになっているとかなってないとか。

期待度:★★★★★

■ Velvet Revolver / Libertad(6/27)
a0026447_23372561.jpgブレンダン・オブライエンがプロデュースした3年ぶりの2ndアルバム。
当初プロデュースをリック・ルービンに頼もうと思ったら、やんわりダメ出しされてバンドは自信喪失したとかしないとか。

期待度:★★★★★

■ The Smashing Pumpkins /Zeitgeist(7/11)
a0026447_23382276.jpgごぞんじスマパン7年ぶりの復活作。
といってもジェームス・イハやダーシーは参加していないとかしてるとか(いや、不参加ですw)。

期待度:★★★

■ Cocco / きらきら(7/25)
a0026447_23372561.jpg昨年の「ザンサイアン」に続く6作目。
収録曲「ハレヒレホ」の楽曲解説では「スタジオに遊びにきた長男と一緒に歌いました」と、母親であることをカミングアウトしてるとかしてないとか。

期待度:★★★★

■ Guns N' Roses / Chinese Democracy(未定)
a0026447_23372561.jpg制作費14億円ともいわれる16年ぶりの新作。
ついに発売されるとかされないとか(笑)。

期待度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


いやー、楽しみな火曜日がしばらく続きそうデス。
[PR]
by velvet_iris | 2007-05-20 23:44
5重マル〜ン
a0026447_23522033.jpg虫歯がチクチク痛むので久しぶりに歯医者さんに行ってきました。
ずいぶん内装が変わっていて、ちょっとびっくり。
しかし受付や歯科助手の女子はあいかわらず粒ぞろい。
絶対ココの医院長は面喰いだなあと感心してるうちに、グサリと麻酔を打たれました(笑)。

口がシビレて半開きの状態でHMVに寄ると、マルーン5の新譜が並んでいたので購入。
4年前の1stアルバム「Songs About Jane」たった一枚だけで、私にとってすでに「名前買い」するアーティストになってます。

で、口のシビレがとれるあいだ聴いていたんですが、これがまたイイ。
歯医者のようにガラリと雰囲気が変わってるといった事はなく、1stが気に入った人には間違いなく受け入れられると思います。
しかも、R&B色も強まったことでもっと幅の広いファンを獲得しそうな気配です。
だって国内盤CDの帯には〈ROCK〉とかジャンルが記載されてる事が多いんですが、このマルーン5の新作には、〈R&B / ROCK / POPS〉と三つもジャンルが記載されてるんですよ、奥さん!

1st同様、BGMにはピッタリのアルバムですが、ギターのカッコイイM10“Kiwi”から、ピアノで始まるM11“Better That We Break”の流れは鳥肌モノ。
グサリと麻酔を打たれた気分です。
3曲のボーナス・トラックも粒ぞろい。
スペシャル・プライス2,200円で発売中です。
[PR]
by velvet_iris | 2007-05-16 00:08
ニュース☆いろいろ
a0026447_1924397.jpg明日は「母の日」です。
ゴールデン・ウイーク前、父親に「お母さんが欲しがりそうなものをこっそり教えて」とメールしたところ、「お母さんは趣味が少ないから良く分からない。いろいろとハンカチを集めているから、エプロンとハンカチ数枚でいいんじゃないか」と他人事のお返事。

しかも「最近パソコンの調子が悪いから新しいのを買いたい。XPでHDDとメモリがたくさんで…」と、なにげに父の日のリクエストをされてしまった私です、こんにちは(笑)。

今週もロックなニュースが盛りだくさんでしたね。まずはコレ。


a0026447_1925414.jpgオジー・オズボーンの旧作が紙ジャケ化
(CDジャーナル 2007/05/09)

いやー、待ってました。この吉報を。
これだけ紙ジャケが溢れているのに、なぜかオジーの作品は紙ジャケになっていなかったんです。
これはうれしい!
廃盤になっていた「Speal Of The Devil」も含まれているのはモチロン、「罪と罰」の国内盤もリマスター盤はオリジナルのジャケットではありませんでしたからね。
しかも日本初版帯、「Tribute」のポスターも復刻され、お値段1,890円!(「Live & Loud」を除く)
完全限定生産で6月20日発売予定です。


a0026447_19253741.jpgFUJI ROCK出演も決定、ジ・アンサーの1stが2枚組仕様で再登場
(CDジャーナル 2007/05/07)

で、オジーの紙ジャケ発売日の翌日には、アンサーのデビュー・アルバム「Rise」にボーナス・ディスクを追加した2枚組「ライズ〜フェスティヴァル・エディション」が発売される模様です。
内容はアルバム未収録曲やシングルB面曲、エアロスミスの“Sweet Emotion”のカヴァーなどが含まれ、さらに渋谷AX公演から3曲のライヴ・ヴァージョンも収録予定とのこと。
この手の「商魂丸出し企画」は数多くてウンザリするんですが、アンサーなら買いますよ。ええ、買い増すとも!
で、最後にコレ。


a0026447_19261486.gifSAXON公演中止のお知らせ
(ザックコーポレーション 2007/05/07)

「アーティスト側の都合」だそーです(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-05-12 19:27
「Dr. シーゲルこと成毛 滋でした」
a0026447_6442985.jpg「6番線10フレット小指ハンマリングオン、その指をプリングオフして6番線8フレット中指。その指をプリングオフして6番線7フレット人指し指、6番線8フレット中指ハンマリングオン、6番線10フレット小指ハンマリングオン、その指をプリングオフして6番線8フレット中指。その指をプリングオフして6番線7フレット人指し指、そして人指し指が6番線を滑って5フレットまでいきます。ここまでを弾きますと……ドリュドリュドリュリュリュウウ〜!この続きはまた来週。古川クン、ご苦労さまでした」


何曜日、何時だったか忘れてしまったが、深夜の時間帯だったのを覚えている。
ラジオのチューニングを文化放送に合わせると、少し甲高く、鼻にかかった声のパーソナリティーがこんな事を延々と喋っていた。
もう20年以上も昔の事だ。

More
[PR]
by velvet_iris | 2007-05-01 23:04