<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
The 69 Awards 2006: ソング・オブ・ザ・イヤー
a0026447_1495895.gif69アワード2006、4日目は「ソング・オブ・ザ・イヤー」。
アルバムとしては大したことなくても一曲くらいは好きな曲があったり、好きな曲だらけのアルバムがあったりと、じつはアルバムを選ぶよりも、曲を選ぶほうが大変です。
本当は5曲どころじゃ済まないんですが、とりあえず選んでみました。

■ Joan Jett & The Blackhearts /A.C.D.C.
a0026447_1504742.jpg70年代の英バンド、スウィートのロックンロール・ナンバーをジョーン・ジェットがカヴァー。ライティングはスージー・クアトロで知られるニッキー・チン/マイク・チャップマン。オリジナルは未聴ですが、きっとジョーンのほうが勝ってるでしょう。ブラックハーツの演奏もタイト。個人的にはこの十年の彼女のベストトラックです。アルバム「Sinner」に収録。


■ Johnny Boy / You Are The Generation That Bought More Shoes And You Get What You Deserve
a0026447_1512373.jpg2004年のUKで“UK音楽史50年間の美学”と大絶賛された伝説のシングルが、アルバム収録されて日本でもリリース。キラキラした感じで気分上々になるポップスです。「イェイ、イェイ!」と連呼される曲というのは“コンピューターおばあちゃん”をはじめノリの良い名曲が多いですね。2年経ってもまだまだ色褪せてません。アルバム「Johnny Boy」に収録。


■ KT Tunstall / Black Horse And The Cherry Tree
a0026447_152852.jpgマイクを通した音声をループさせる「ループペダル」を最大限に活用した曲。 曲の時間は2分52秒とラモーンズなみの短さなので、何度もループさせて聴いていたい曲です。ちなみに輸入盤「KT Tunstall's Acoustic Extrabaganza」のおまけDVDを観ればループペダルの楽しさが一目瞭然。デビューアルバム「Eye To The Telescope」に収録。


■ Red Hot Chili Peppers / Dani California
a0026447_1524074.jpgなぜか邦画「デスノート」の主題歌にも使われ(しつこいかw)、テレビでも散々流れました。そのためかレッチリの曲としては聴きやすいんですが、メンバー個々の“らしさ”もしっかり健在という奇跡的な曲。オレンジレンジやB'zなど下手な日本語ライムにはうんざりですが、この曲のライムはむちゃくちゃカッコイイ。アルバム「Stadium Arcadium」に収録。


■ Stone Sour / 30/30-150
a0026447_1531498.jpg「サーティー・サーティー・ワンフィフティー」と発音するアルバムのオープニングを飾るヘヴィな曲。この17年間、私が気合いを入れたいときに聴く曲第1位はモトリー・クルーの“Kickstart My Heart”だったのですが、その曲に取って替わる曲となりました。やはりロックは気合いデス! アルバム「Come What (Ever) May」に収録。



...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2007-02-05 02:04 | The 69 Awards 2006
ALIVE
a0026447_5155096.jpg私の好きなNHKでは、たまに「アクターズ・スタジオ・インタビュー」という番組を放送します。
これは米ブラボーTVで15年以上続く「Inside The Actors Studio」という長寿番組で、ジェームズ・リプトンがホストを務め、毎回ハリウッドを代表する俳優や監督、ミュージシャンがゲストで出演するアメリカ版「徹子の部屋」といった番組です。

欧米人、特にアメリカ人は哲学好きの人が多いですが(笑)、著名人となれば自分なりの哲学をしっかり持っているので目からウロコ的な名言が聞けて面白いです。
2005年、その番組にマイケル・J・フォックスが出演しました。

More
[PR]
by velvet_iris | 2007-02-04 05:17
WOWOW
a0026447_203247.jpgいまWOWOWで“Vシネの帝王”竹内力主演の「死刑確定」という映画をパート1からパート3まで一挙放送しています。
ほとんどVシネマというものを観たことなかったんですが、さっきパート1をまるまる観てしまいました。
出演者、セット、大道具、もちろんストーリーもB級っぽくて笑えます。
Vシネって、落ち目になった俳優や芸能人が活躍する場所というイメージがありますね。
あとは消費者金融のCMに出るとか、パチンコ台になるとか(笑)。

で、日曜日のWOWOWは無料放送の日。
どうせちょっと前の映画やスポーツでしょ、と思ったアナタは大間違い。
あのキッスのジーン・シモンズが映画「スクール・オブ・ロック」ばりにロック先生を務める海外テレビシリーズ、「ジーン・シモンズのロック・スクール」の第1話が放送されます。

「お行儀のいい名門校に在籍する13歳の子供たちにバンドを組ませ、6週間で有名バンドのライブの前座を目差す」といった内容らしいです。

…なんだか落ち目の芸能人みたいだな(泣)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-02-03 02:00
明日来てくれるかな?
a0026447_139575.jpg今日の「いいとも」のテレホンゲストみうらじゅん氏が明日のゲストに指名したのは、イラストレーターというかソラミミストでお馴染みの安斎肇さん。
安斎さんといえば遅刻魔として有名。
「タモリ倶楽部」の収録にも何度も遅刻し、タモさんひとりの「空耳アワー」が何度もあったほど。

電話でも「あんたいつも遅刻するんだから。遅刻したらカットだからね」とたしなめてました。
はたして安斎さんはお昼の生放送に間に合うでしょうか(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-02-01 01:39