<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
The 69 Awards 2006: 最優秀新人アーティスト
a0026447_21592160.gif私の周りには「最近のバンドは聴く気がしない。昔の××のアルバムで充分」という人が多いです。
私は懐古主義も否定しませんし、過去の名盤は何十年経っても良いものです。それに何を聴こうが本人の自由だし。
でも好きなものが増えるって幸せじゃないですか。
焼そばはソースに限ると思っていたのに塩もよかった、みたいな(笑)。
ということで、貪欲に新人も聴いていきたい私が選んだ2006年の「最優秀新人アーティスト」の発表です。
ノミネートは下記の5アーティスト。

■ KT Tunstall
a0026447_2203576.jpgアルバム「Eye To The Telescope」がUK年間アルバムセールス7位、2006年のブリット・アワードで“Best British Female Solo Artist賞”も受賞した、中国系スコットランド人のシンガー・ソングライター。夏にはフジロック&単独公演で来日。9月にはダウンロード限定アルバム「KT Tunstall's Acoustic Extravaganza」も通常リリース(輸入盤のみ)されています。


■ Morningwood
a0026447_2212998.jpg5月に同名アルバムでデビューしたNY出身の4人組。ちょっと太めな紅一点ヴォーカル、シャンタルはとても23歳(当時)とは思えないほど存在感大。バラエティに富んだ楽曲揃いのアルバムですが、ギル・ノートンがプロデュースを務めているだけあって構成は見事。バンドの持つ勢いそのままにあっという間の約50分です。ちなみにバンド名の意味は「朝勃ち」ですって。やーねー(笑)。


■ The Panic Channel
a0026447_2221916.jpgアクセルと決別したスラッシュがヴェルヴェット・リヴォルヴァーを結成したように、デイヴ・ナヴァロがジェーンズ・アディクションの顔であるペリーを置き去りにして結成した新バンド。新人扱いするかは微妙なトコロですが、新シンガーのスティーヴ・アイザックスが結構イイです。アルバム「(ONe)」はハードな曲からミディアム、バラードまで良い曲揃い。かなり完成度は高いと思います。


■ The Raconteurs
a0026447_22395.jpgホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトいわく「サイド・プロジェクトでもないし、スーパーグループでもない」新バンド。ジャックの他にブレンダン・ベンソン、グリーンホーンズのメンバー二人という、こちらも新人扱いが微妙なバンドです。アルバム「Broken Boy Soldiers」はホワイト・ストライプスよりも牧歌的というかユル〜い感じ。全曲ジャックが歌ってくれたらも少し違ったかも。


■ Wolfmother
a0026447_224359.jpg同名アルバム収録曲“Love Train”がアップルiTunesのCMソングに起用されたオーストラリア出身のトリオ。そのサウンドは「レトロ感特盛り+70年代つゆだく」な感じで、よくZEPやAC/DCが引き合いに出されるんですが、ピンク・フロイドっぽいスケールも持ち合わせています。それにしてもダットサンズやジェットといい、一体オセアニアはいま西暦何年なんでしょう(笑)。現在来日中です。



...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2007-01-31 22:06 | The 69 Awards 2006
The 69 Awards 2006: アーティスト・オブ・ザ・イヤー
a0026447_19543293.gif69アワード二日目は「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」。
アルバムリリースに限らず、企画盤、来日公演やニュースなどで私の心をわし掴みにしたアーティストの中から、年間を通して最も注目させられたアーティストを選びます。
ノミネートは下記の5アーティストです。

■ Cocco
a0026447_19552055.jpg2月に5年ぶりとなるシングル「音速パンチ」で本格復帰。4月からは毎日新聞でコラムの連載もスタート。5月のシングルに続き、6月にはアルバムもリリース。7月からはツアーもスタートし、8月の「ROCK IN JAPAN FES.」ではトリを務めました。雑誌やテレビにも精力的に登場し、なんと写真集まで発売に。年末には日刊スポーツが「紅白出場内定」という記事を掲載しましたが、結局ガセネタでした(笑)。


■ Guns N' Roses
a0026447_19564129.jpg1月にRolling Stone誌のインタビューを受けたアクセル・ローズが「今年中には音を聴けるだろう」とコメントしたことから、15年間待ちに待たされた新作「Chinese Democracy」のリリースに世界中のファンが注目しました。その後もアクセル本人が年内リリースを匂わせる発言を繰り返しましたが、結局は2007年に先送りとなりました。


■ Red Hot Chili Peppers
a0026447_19572178.jpg5月にリリースしたダブル・アルバム「Stadium Arcadium」が世界中で大ヒット。キャリア23年目にして初のビルボードNo.1を獲得しました。日本でもシングル“Dani California”がなぜか邦画「デスノート」の主題歌に使用され、テレビやラジオで散々聴くハメに。トリを務めた夏のフジロックのステージもいろんなブログで話題に。Mステでタモさんとの共演も実現しました。


■ The Rolling Stones
a0026447_1958074.jpg2月のリオで130万人を動員するフリー・コンサートを行なった勢いそのままに3月に来日。初の札幌公演や巨大なセット、高額なゴールデン・サークル席も話題になりました。その後は初の中国本土での公演も実現。一方でキースの手術、ロニーのアルコール問題やミックの咽頭炎など健康面を心配させるニュースもありました。また、突然出回ったブートDVD「NAKED film」にファンは驚愕しました。


■ U2
a0026447_19583422.jpg8年ぶりの来日決定発表があったのが1月。しかし予定されていた4月の日産スタジアム公演がキャンセルされ、振替公演の日程がいつになるのかソワソワしっぱなしでした。2月には「How To Dismantle An Atomic Bomb」で6個目のグラミーを獲得。御意見番的な存在になりつつあるボノは音楽業界だけにとどまらず、12月の来日では安倍首相とも会談。ボノの今後がちょっと心配です(笑)。




...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2007-01-21 20:12 | The 69 Awards 2006
The 69 Awards 2006: 最優秀アルバムジャケット
a0026447_1444058.gifもう一月なかば。
昨年の話題は早いとこ片付けねばなりません。
というわけで「69アワード 2006」やります。

初日の今日は「最優秀アルバムジャケット」。
つまり私が気に入ったアルバムジャケットなわけですが、ジャケットのみの評価なので知名度やセールス、アルバムの内容はそっちのけ(笑)。
ノミネートは下記の5作品です。

■ Black Label Society / Shot To Hell
a0026447_273924.jpgザック・ワイルド率いるBLSの新譜ジャケットはシスターがビリヤードに興じるメタル的なイラスト。天使が煙草を吸うブラック・サバスの「Heven And Hell」のジャケットを連想させるのは筋金入りの“サバスっ子”、ザックだからでしょうか。ケースから引き出して5つ折りを広げると十字架の形になるという遊びゴコロも忘れていません。デザイン、レイアウトはRob Arvizu。


■ Cheap Trick / Rockford
a0026447_282056.jpg鮮やかなイエローをベースに、メンバーの顔を正方形、長方形、三角形、真円で表現したイラストがとてもポップ。バンド結成から24年という大御所でありながらまるで子供向けのようなジャケットは、バンドの音楽や姿勢をそのまま投影しているようです。私が購入した輸入盤のデジパックはエンボス加工されていて超キュート。イラストとデザインはJohn Johnson。


■ Muse / Black Holes And Revelations
a0026447_285693.jpg赤い大地の上のテーブルを囲むオッサン四人。しかも全員ハゲ。空には地球。その先に見えるのが金星だとすれば、この赤い大地の惑星は火星ということになります。四人は火星人? テーブル上の馬が意味するものは? ヒプノシスっぽいこのジャケットにはいろんな想像力をかき立てられますが、クレジットには「The Men Of Mystery」の文字。作者は誰なのか? それがいちばん気になります。


■ Pearl Jam / Pearl Jam
a0026447_293996.jpgパール・ジャム通算8作目となる本作はセルフタイトルでジャケはアボガド。なぜにアボガド? という疑問はドラムのマットが「今回は何か意味を限定してしまうようなものにしたくなかった」と語ったことにより解決。多分アボガドじゃなくても何でも良かったんですね。輸入盤のデジパックは見開くと「種だけ」「種ナシ」だったりしてちょこっと笑えます。フォントもクール。写真とデザインはBrad Klausen。


■ The Who / Endless Wire
a0026447_2101846.jpg待ちに待ったフーの24年ぶりのニューアルバム。ジャケットの鳩と鮮やかに舞う紙吹雪はまるでフーの復活を祝うセレモニーのようです。オリジナルメンバー二人がこの世を去ったこと、そして24年というブランクから内容については賛否両論のアルバムですが、このジャケットに拒否反応を示すファンは少ないんじゃないでしょうか。なぜならカヴァーデザインは「Tommy」を手掛けたRichard Evansだから。



...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2007-01-15 01:51
どうなってんだ
a0026447_23141749.jpgこのお正月休みはすごい暖冬だと思ったのに、今日は風が強かったですね。
で、今めちゃめちゃ寒い。どうなってんだ地球。
この強風のなか、体重りんご3個ぶんの私は何度か飛ばされそうになりながら、rockin'on2月号を買って帰ってきました。

2月号の特集は“2006年間ベスト・アルバム発表!”。
rockin'onに先を越されてしまいましたが、私も「69アワード2006」を選定するため年末から2006年リリース作品を聴きまくりの毎日。
どうやら私の感覚はrockin'on編集部とはズレてるらしく、私のイチ押しがベスト50にも入ってません(笑)。

表紙のコラージュの配置でだいたい想像できますが、rockin'on誌はレッチリの「Stadium Arcadium」をNo.1に選んでいます。
それを含むrockin'on誌が選んだNo.1からNo.10は下記のとおり。

No.1 
■ Red Hot Chili Peppers / Stadium Arcadium
69アワードのために年末購入したばかり。まだ2回しか聴いてないです(笑)。

No.2 
■ Arctic Monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not
なんとなくジャケットが嫌いで購入せず。

No.3 
■ The Eraser / Thom Yorke
「OK Computer」以降のレディオヘッドには何も感じない身体になってしまいました。購入せず。

No.4 
■ Bob Dylan / Modern Times
ベスト15に入っていいと思います♪

No.5 
■ My Chemical Romance / The Black Parade
ベスト10に入っていいと思います♪

No.6 
■ The Strokes / First Impressions Of Earth
1stが気に入らなかったので購入せず。

No.7 
■ Primal Scream / Riot City Blues
「Scremaderica」で見切りをつけました。購入せず。

No.8 
■ Empire / Kasabian
ベスト20に入っていいと思います♪

No.9 
■ Beck / The Information
1stが気に入らなかったので以降ずーーーーっと購入せず。

No.10 
■ JET / Shine On
ベスト10に入っていいと思います♪

ということで、rockin'on2月号ではNo.50まで発表していますが、ケイティ・タンストールやサラ・マクラクラン、もちろんジョーン・ジェットもランク入りしてません(笑)。
チープ・トリックはどうした?
ストーン・サワーはどこだ!
パール・ジャムやミューズはもっと上位でもいいべ!

いろいろ言いたいことはありますが、これも好みの問題ので仕方ないですね。
とにかくrockin'on2月号はトイレに貼るのにちょうどいいサイズのカレンダーが付録で付いて税込たったの600円。
お買い求めはお近くの書店で(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-01-07 23:16
あけおめことよろ
a0026447_18121885.jpgいやー新年を迎えるのも35回を過ぎるとなーんの感動もありませんね。
カウントダウンのときも普通にDVDを観てました。
で、なぜか初夢はエロ夢でした(笑)。

さて、今年2007年はガンズの新譜、オジーの新譜、フーの来日など楽しいイベントが(きっと)盛りだくさんだと思います。
個人的にはまず歯医者に行かなきゃ。
で、引っ越しもしたい。
ほかにもいろいろやるべき事がたくさんあります。
お正月休みは明日まで。
とりあえず明日はひさしぶりに目覚ましで起きて二度寝します(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-01-03 18:14