<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ON THE AIR
さきほどフジテレビ「FACTORY」のO.A.がありました。
こんな深夜の時間帯とはいえ、ふつうにテレビからあの二人の音が聴けたのはうれしい。
a0026447_4142482.jpg


●ライヴは二人だけであれだけの豊かなサウンドを出せるわけなんですけど、どうやってるんでしょう。
ジャック「じつはカーテンの後ろにもう3人のメンバーが隠れてるんだよ(笑)」
●衣裳やジャケットのデザインとか、アメリカの古い感じのファッションでまとめていますね。
ジャック「メキシカンかな」
●アンプが3つありますね。
ジャック「ふたつを壊してもいいようにね(笑)」
●日本のバンドで知っているバンドはありますか。
ジャック「…」
メグ「5.6.7.8'sね」
ジャック「そう、5.6.7.8'sにギター・ウルフ。あと今夜のキング・ブラザーズとは以前一緒にやったよ」

メグ、見事なフォローです(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-26 04:16
春のヘアカタログ
a0026447_21542696.jpgワイルドなちょい不良オヤジを目差してます。
(モデル:ロブくん)


a0026447_21555334.jpgレイバンのサングラスでセクシーに決めてみました♪
(モデル:リッチーくん)


a0026447_2156452.jpgアゴヒゲをカラーリングしてみたよ。
どう?イケてる?
(モデル:スコットくん)


a0026447_21574870.jpgコンビニで買ったサングラスがポイント。
宇宙人みたいでクールでしょ?
(モデル:ジョーくん)


a0026447_2159678.jpgヒゲを立たせたのがポイントっす。
結構、大変なんっす。
(モデル:ケリーくん)


うーん、迷うなぁ。
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-24 22:07
恐るべし、シャッフル
a0026447_0314532.gifライヴが迫ると予習の意味も込めて対象のアーティストばかり聴いていることが多い私。
昨晩のダークネスで観る予定だったライヴが一通り終わったので、今日の昼間はまだ聴いてなかった新譜などを聴いてました。
ライクやステレオフォニックスのライヴ盤、クイーンズライチなどなど。

で、この時間は久しぶりにiTunesをシャッフルで聴いているのですが、さっきからバラードばかりが再生されます。
たまにありますよね、こういうこと。
機械のくせに心を見透かしやがって、みたいな。
現在はクイーンの“Love Of My Life”なんですが、その前がサラ・マクラクランの“Angel”。
レディオヘッドの“High And Dry”、
ストーンズの“Keys To Your Love”、
ヴェルヴェッツの“I Found A Reason”、
JETの“Move On ”、
オジーですら“Goodbye To Romance”ですよ。
なんだか泣きそうになってきました。
このまま眠りに就きたい

…と思ったらジャーニーの“Separate Ways”になっちゃった。
それにしても現在放映中のアップル新CM、なんだか懐かしいなと思ったら、このブログの初期のスキンがあんなでしたね。

あ、ジョン・レノンの“(Just Like) Starting Over”になりました。
寝よ。
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-24 00:32
THE DARKNESS Live@Shinkiba Studio Coast
a0026447_7442291.jpg行って参りました。新木場スタジオ・コースト。
ダークネスのジャパンツアー最終日、唯一の東京公演へ。
前回のローリング・ストーンズからほぼ一カ月経過しているので、そろそろ騒ぎたい気分ではあったんですが、ライヴ前はそれほどテンションが上がりませんでした。
それは新作アルバムをあまり聴き込んでいなかったことと、一人で参戦しなければならないからです。
どうも私の周りにはダークネス・ファンがいないようで、最後の頼みの綱であるメタルファンの次兄にも断られる始末。
そんなわけでテンションを上げるため、自作のシン・リジィTシャツをまとい、35度の焼酎を流し込んで自宅を出たわけです。

またまた長いです。
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-22 23:33 | LIVE
春ですね
a0026447_1184030.jpg今日は風が凄かったですね。
スカート履いていかなくて良かった。
ま、持ってないですけどスカート。

春ということで新番組が続々とスタートしてます。
で、思い出したのが「小早川伸木の恋」。
このブログでも面白いとか書いてたのに、いつのまにか観なくなり、その存在さえも忘れてました。
結局どうなったんだ。

で、思い出したのが「トゥルー・コーリング」。
ずいぶん前にシーズン1を見てから、しばらくTSUTAYAにさえ立ち寄ることがなくなってました。
先週の日曜に残りを全部レンタルしてきて一晩一枚ペースで鑑賞していたので、今週はずいぶん寝不足でした。
おかげで何年ぶりかで今朝遅刻しましたさ。
でも、今日でおしまい。さっき全部観終わりました。

でもね、ん〜、
後味わるいな。
これで本当に終わりなのかな。
全米では低視聴率を理由に打ち切られたってことだけど。
続きが観たいよ。
だってさ、

…やっぱいいや。
早く寝ないと遅刻しそう(笑)。

♪Bald
 The Darkness
 One Way Ticket To Hell ...And Back(2005)
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-21 01:19
ニュースいろいろ【特盛】
お天気がいまひとつだった今週もいろんなニュースがありました。
小学生の頃、夏休みの日記を8月31日にまとめて書いていた私が今週気になったニュースをまとめてみました。
まずはこれから。

a0026447_20504142.jpgワーナーの80's HM映像作品が一挙にDVD化!D.L.ロス、ラットなど
(CD Journal 2006/4/12)

ワーナーミュージック・ジャパンが過去のカタログから、80年代〜90年代前半の映像作品をDVDとしてリイシューするそうです。
あの時代ってホントにHR/HM全盛でした。
思い出すだけでワクワクするくらいです。
ラインナップは、“変態ストリングス・コンビ”を擁していた頃のデイヴ・リー・ロス・バンドやラット、ドッケンにウインガーなどのようですが、私が一番感激したのがバッドランズが含まれていること。
覚えてますか、バッドランズ。
オジーのバンドをクビになったジェイク・E・リーが、ブラック・サバスにちょこっと在籍していたレイ・ギランと組んだバンドです。
1989年の初来日公演を中野サンプラザで観ましたが、めっちゃくちゃカッコよかった。
これまで観たライヴの中でも3本の指に入るくらい強烈に残ってます。
そんなバッドランズの映像作品がリリースされていたとは知らなかった。
発売はロックの日の二日前、6月7日です。
つづいてコレ。


a0026447_20512376.jpgCocco、ニュー・シングル登場!
(CD Journal 2006/4/12)

この前5年ぶりのシングル「音速パンチ」をリリースしたばかりのCoccoが、なんと来月ニュー・シングルをリリースするそうです。は、速っ!
今回も通常盤と初回限定盤の二種類が存在し、初回限定盤にはボーナス・ディスクが封入とのこと。
ノリにノッてますね、あっちゃん。
この前何気なくMステ観てたら「初登場特集」みたいのをやってました。
「ああ、CoccoのVTR出ないかな」と思って画面を観てたら、ワイプに出てきてビックリしました。
「わ!出てるじゃん、生で!」と大喜びしてしまいました。
この勢いでライヴもやって欲しいです。


a0026447_2052679.gifそしてウドー・フェス
チケットの発売日やら追加出演アーティストが続々固まってきています。
第4弾、第5弾として発表された出演アーティストの中ではプリテンダーズにちょっと心を動かされましたが、まだまだもの足りません。
しかも第5弾として“Char”とありました。
最初“Cher”と見間違え、「あ、シェール来るのか?」と思いましたが、「♪気絶するほど〜 ん悩ましい〜」のチャーのようです。
果たして隠し玉はあるのかないのか。
なくてもキッスのドラマーがピーターなら観に行きたい。


a0026447_20535348.jpgあとはホワイト・ストライプス。
先月の来日公演初日の前日、フジテレビ「FACTORY」の番組収録をしてたそうで、それが4/25(火)に放送されます。
スカパーでは今夜放送されるそうですが、あいにくCSは観れません。
放送されるかどうか別として、その日のセット・リストは下記のとおり。

1. Dead Leaves And The Dirty Ground
2. Passive Manipulation
3. Black Math
4. Little Bird
5. Lord, I Just Can't Keep From Crying Sometimes (Blind Willie Johnson)
6. Death Letter (Son House)
7. Canon
8. Screwdriver
9. Seven Nation Army

つづいて、コレ。


a0026447_20543879.jpg大槻ケンヂの「ベロ出し美女を探せ!」

なかなか更新されておらず「企画倒れかな」と思ってましたが、東京1日目のみ更新されています。
この前のストーンズのライヴ会場でカメラに向かって舌を出し、その表情を大槻ケンヂが審査するという企画。
参加できるのは女性のみで、参加者には先着でTシャツが貰えるというものでした。
とても楽しみに待っていたんですが…(以下自粛)。
他の日に期待!


a0026447_20552698.jpg最後はダークネス。
新木場スタジオ・コーストでの来日公演が一週間後に迫ってきたわけですが、ワーナーミュージック・ジャパンのサイトでは彼らのツアーでのちょっとした秘密を掲載しています。

彼らがその日のショーの盛り上がり度を予想する目安としているのは、ショーが開演する直前、会場が暗転した時の、観客の歓声の大きさなんだそうです。その際、ABBAの「ARRIVAL」 が流れるそうですから、ABBAが聴こえてきたら、来日公演でも思いっきり大きな歓声で迎えてあげましょう!!

うーん、アバか。
あまり聴いたことないんだけど、とりあえずiTMSで買ってみよ。
画像は最近のダンなんだけど、あいかわらずシン・リジィのTシャツ着てますね。

負けてなるものか
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-15 20:56
会社とTシャツと私
a0026447_19274.jpg私はとっくに三十路を過ぎているが、ロックTシャツを着て仕事をしていることが多い。
同僚たちは、私のTシャツのバンドの事を知らなくても「今日のは不気味ですね」とか言ってくれる。

今朝は雨降りで少し肌寒かったけれど、コーデュロイジャケットの下にコレ一枚で出社した。
いつもの同僚たちは、「あー、こないだの?」と声をかけてきた。
そこからストーンズの話が弾む。
まあ、想定内だ。

しかし、今日のTシャツは想定外の出来事が起きた。
普段、ロックの話題はおろかプライベートな話をしたこともない役付きの“ちょい偉”の方に「お、ジャイアンツ!」と話し掛けられた。
もちろん「いや、ジャイアンツではなくて…」と説明し会話は即終了。
「はい、ジャイアンツです。開幕ダッシュ成功ですね!」とか言える男になりたい、と少し思った。

♪Growing On Me
 The Darkness
 Permission To Land (2003)
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-13 01:09
さよなら、マルボロ
a0026447_11363022.gif4月に入りくしゃみ、鼻水が頻発するようになった。
ついに花粉症になってしまった。
と思ったら扁桃腺は腫れてくるわ、頭痛はするわで結局、ただの風邪だった。
私は風邪をひくと扁桃腺が腫れやすい。
扁桃腺が腫れるとタバコを吸うのがつらい。
それでも、ついくわえて火を灯すがすぐに揉み消してしまう。
“依存症”や“中毒”というとヘヴィに聞こえてしまうが実際そうなんだろうと思った。

最初にタバコを吸ったのは、父親のマイルドセブン。中学生の頃だった。
両親が留守のときに興味本位で初めて吸ったのだ。
ところが母親が突然帰宅して、現場を押さえられてしまった。
母親は「大人になるまでやめなさい、お父さんには言わないから」と涙を浮かべ言った。

やがて同級生たちが続々とタバコを吸い始めても、私が吸うことはなかった。
スポーツをしていたので、スタミナが切れやすくなるのが嫌だったのもあるが、母親に泣かれるんじゃないかという不安のほうが大きかったのだ。
やがてロックに夢中になると、タバコをくわえているロックスターの写真をよく目にした。
キース・リチャーズのタバコはマルボロだった。
大人になったらマルボロを吸おうと決めた。

大人になって初めて買ったタバコはマルボロだった。
それ以来、15年以上も変わってない。
付き合いの長い仲間たちは、私の誕生日プレゼントにカートンをくれることもあった。
彼らには私のイメージとして定着していたのだろう。

吸い始めた当時240円くらいだったマルボロも現在は300円。
値上げと共にマナーの良い愛煙家の立場がどんどん厳しくなっている。
私の周囲でもタバコをやめた人間が多い。
最近タバコのパッケージに記載されるようになった喫煙の危険性を訴える文字は、タバコの煙よりも目にしみる。

よし、やめよう。さよならしよう、マルボロと。
さよなら、マルボロ。





そして、これからよろしく、マルボロ・ライト(笑)
風邪、全快しました!

♪Watching The Wheels
 John Lennon
 Double Fantasy(1980)
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-09 11:37
またまたUDOネタ
a0026447_217618.jpgここのところ気になってしかたない“UDO MUSIC FESTIVAL 2006”ですが、今日もまたオフィシャルサイトでは追加アーティストの発表がありました。

なな、なんとヌーノ・ベッテンコート!
一月にドラマゴッズとして一日限りのショーケースを行なったときの招聘元はクリエイティヴマンでしたが、ウドーではヌーノ単品の模様。 もしやエクストリーム?

ウドーはいろいろ交渉してるんだろうなあ。
エアロとか絶対打診してるよな。活動休止中だけど。
ひょっとしたらマジでガンズにも打診してるかも。
それにしてもサンタナやジェフ・ベック、ヌーノときたらギター小僧はたまりませんね。
こうなったらインギーとかポールとかマーティーとかクリスとかマイケルとかジョージとか超テク・プレイヤーばかりを集めるのもいいかも。
もちろん、そのときはイベント名を“楽器フェア2006”に変えたほうがいいと思います(笑)。

♪Changes
 Black Sabbath
 Black Sabbath Vol. 4 (1972)
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-04 02:17
みさきニュース
a0026447_1816402.jpg雨が強くなってきました。
稲妻も光りまくりです。さいたまは燃えているかー!

えー、すっかり月イチ掲載となってしまった感はありますが、今月もひとつ。
ファッション情報WEBマガジン「trend-tsushin.com」にて「みさきゆう特集」が組まれています。
“今すぐ着たい! オフィスやデートで使えるTTC流コーディネート”をみさきクンが着こなしてますよ。
春のトレンドを先取りしちゃってください。

■ みさきゆう特集はコチラ(trend-tsushin.com)

♪So Long
 The Kinks
 Kinda Kinks(1965)
[PR]
by velvet_iris | 2006-04-02 18:17 | みさきゆう