<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Fes! フェス! ふぇす!
a0026447_2033726.jpgUDO MUSIC FESTIVAL 2006のサイトを見ると出演アーティストが追加されていました。
その中にドゥービー・ブラザーズが紛れ込んでいます。
ん〜、ウドーっぽいアーティストだな。
で、その他の夏フェスの状況はというと、
まずフジロック。

もう全アーティストが発表になったのでしょうか。
オフィシャルサイトでは22組のアーティストの名前が出ています。
相変わらず新人バンド青田買いなのか、知らない名前ばかり。
その中で私が観たいなって思うのは、クーラ・シェイカーとザ・ライク。
あとはレッチリくらい。
フランツ・フェルディナンドやモグワイとかは興味ないです。
つづいてサマソニ。

現在24組の発表を終え、第5弾出演アーティストは近日発表らしいのですが、フジロックよりもサマソニのほうがそそられる名前が並んでます。
メタリカ、リンキン・パーク…、いや、このくらいかな。観たいのは。
ダフト・パンクとかミューズは好みがちと違うし。
で、今年から新たに加わったウドー。

サンタナ、ジェフ・ベック、ドゥービー・ブラザーズなんてのはギター小僧時代に一度は通ってきて、サンタナとジェフ・ベックは単独公演にも足を運んだ事があります。
それだけに「ぜひ観たい!」って気持ちになれません。
やはり目玉はキッスでしょうか。
ただし、ウドーのサイトでは“延べ30バンド以上で繰り広げられる夢の祭典!”とありますから、残り最低でも23バンドが出演するわけです。
キッスに引けを取らないような隠し玉は用意されてるんでしょうか。
今後に注目ですな。

画像はウドーだけにウド。
あっ!もしかしてコイツが隠し玉かも。

♪Is It Just Me?
 The Darkness
 One Way Ticket To Hell ...And Back(2005)
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-30 20:03
夢のフェス
a0026447_1175143.gif先日記事にした、キッスも参加する“謎のフェスティバル”の正体が判明しました。
やはりウドー音楽事務所が主催の“THE ROCK ODYSSEY”を進化させたものでその名もズバリ“UDO MUSIC FESTIVAL 2006”だそーです。
ん〜、直球なタイトルです。

前回は横浜でしたが、今回は富士スピードウェイ。遠いです。
現在のところ、キッスの他にはサンタナ、ジェフ・ベックといったラインナップが発表されており、今後も順次発表するとのこと。
7月の22(土)、23(日)の二日間に渡っての開催はヨシとして、チケット代が一日券で16,000円、二日通し券では30,000円というのはサマソニ、フジロックに比べると少し割高かな。

それと、キッスも含め“旬なアーティスト”ではないですよね、コレ。
80年代から積極的にHR/HMバンドを招聘してきたウドーですから、日本のオズフェストみたいなものを期待していたんですが、やはり無理なんでしょうね。
今回のストーンズも採算を考えてウドーは降りて、結果JECが名乗りを挙げてくれたおかげで実現したらしいのですが、外タレの招聘プロダクションとして黄金時代を築いたウドーにはもう少し頑張ってもらいたいものです。

ちなみに、私なら下記のアーティストが一組でも参加するなら文句ナシで観に行きます。

◆ オジー・オズボーン(いつもウドーだけどもう引退同然だからなー)
◆ ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ(クリエイティヴマンだから無理か)
◆ ガンズ&ローゼズ(前回サマソニだからクリマンかな)
◆ マリア・マッキー(ねーな)
◆ サラ・マクラクラン(ありえねーな)

♪Woman
 Ozzy Osbourne
 Under Cover(2005)
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-27 01:18
THE ROLLING STONES Live@Tokyo Dome
a0026447_1293163.jpg行って参りました。東京ドーム2日目。
感想を一言で言うならば「後悔」。
いえ、ストーンズが悪いとか、オープニング・アクトが悪いとか、ビールが高いとかではありません。
いや、ビールは高いな。
チケット代をケチってC席にしたことを後悔しました。
だって、紀文のはんぺんですもの。
3塁側の一番うしろ、最後列。私の後ろにはスポンサー名の看板がずらり。
逆に言えばドームを見渡す事ができる最高峰、気分はペントハウスですけどね……、
ミックはごはん粒ですよ。

ちと長いっす。
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-26 12:13 | LIVE
2006/3/22
どうやら初日のセットリストはこんなだったようです。

1. Jumpin' Jack Flash
2. Let's Spend The Night Together
3. She's So Cold
4. Oh No, Not You Again
5. Sway
6. As Tears Go By
7. Tumbling Dice
8. Rain Fall Down
9. Night Time Is The Right Time
10. This Place Is Empthy
11. Happy
12. Miss You
13. Rough Justice
14. Get Off My Cloud
15. Honky Tonk Women
16. Sympathy For The Devil
17. Paint It Black
18. Start Me Up
19. Brown Sugar
20. You Can't Always Get What You Want
21. (I Can't Get No) Satisfaction

うーん、金曜日が楽しみだー。
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-23 07:12
3/21(祝)春分の日
a0026447_20203452.jpg今日はお休み。自宅でするような仕事もなく、のんびりできました。
昼間はもちろんWBCのテレビ観戦。
途中お腹空いてきたけど、テレビから目が離せないので宅配ピザをオーダーすると「大変混み合っていて、少々お時間をいただきます」とのこと。
結局、普段と比べても10分くらいしか待たずに届きましたが、私みたいな人が多かったんでしょうか。
それとも、お花見している人がいたのかな。

試合の結果はご存じのとおり、日本が勝利してWBCは幕を閉じました。
8回の大塚登板時にAC/DCの「Hells Bells」が流れたときは鳥肌立ちましたね。
なんか、この大会はイチローの言動や誤審した審判がクローズアップされていましたが、あらためて王監督の人気の高さを感じました。
各国の選手、コーチをはじめ監督までもが世界のホームラン・キングとの記念写真に喜んでたり、「尊敬している」と語ってました。
正直、「どうせ東の島国での記録だろ」くらいにしか考えていないんじゃと思ってましたが、違うんですね。リスペクトされまくってました。
そんなサダハル・オーの人間味溢れるエピソードをすこし。

・奥さんとの出会いは多摩川グラウンドでのナンパ
・そのときの台詞は「ドドンパはお好きですか」
・三人目のお子さんが産まれたとき女の子だったので、男の子を希望していた王監督は思わず舌打ちをし、奥さんに叱られた
・子供に性教育するため、娘さんの前で全裸になり、変態扱いされた
・人工池の鯉に指を吸わせて「お、フェラチオみたいだな」と言った

♪I Love Rock'n Roll [Remix]
 Joan Jett & The Blackhearts
 I Love Rock'n Roll 92 [EP](1992)
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-21 20:25
いよいよ
a0026447_15291218.jpg三年ぶりのストーンズ日本公演がいよいよ三日後に迫ってきました。
ストーンズのコンサートといえばTシャツです。
いや、誰がなんと言おうと私にとってはTシャツです。
アルバムよりもグッズによる収益が多いバンドなんてストーンズをおいて他にはそうはいません。
初来日の東京ドームではTシャツを2枚買いましたが現在でも着ています。
よく考えれば16年もののTシャツなんですね。
ありえませんね、普通。
さすがに黒いTシャツは程よく日焼けし、白いTシャツは程よくアイボリーに変色してます。

さて、今回のジャパンツアーTシャツはどうなるのかなと思いオフィシャルサイトの"STORE"を覗いてみると"Passport Collection"と銘打たれた日本的なデザインのTシャツがプレオーダー中でした。


まずは"The Samurai Tee"と銘打たれたコチラ。
a0026447_1514156.jpgフロントにクラシックなベロ。
バックにはサムライと「転石」という漢字がプリントされています。
ツアーデイトがプリントされていますが、よーく見ると「30 Mar Sendai」の文字が。
やはり仙台公演は予定されていたんですね。
レアです。買いです。


続いて"The Rickshaw Tee"。
a0026447_15144875.jpgフロントは伝統的な日本画による松と雲がデザインされ、バックには美人図が鮮やかに描かれています。
「日本のストアのみで販売される」とありましたが会場では目にできるんでしょうか。


最後は"The Japanese Icon Tee"。
a0026447_15151716.jpg
シンプルなフロントに対し、バックは鳳凰をはじめ日本的なアイコンがゴチャゴチャと配置されてます。
こちらも「日本のストアのみで販売される」とありました。


すでにギミシェルでは12万円超のスカジャンや、USツアー全てのTシャツをパックにした32枚セットが16万円で販売されています。
やらしいオトナが購入してドームに着用してくるんでしょうね。

ところで私は仕事の都合で初日には行けません。
どうかTシャツが売り切れていませんよーに。

♪Rain Fall Down
 The Rolling Stones
 A Bigger Bang(2005)
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-19 15:19
3/6のセットリスト
ジャック・ホワイトのニューバンド、ラカンターズのデビュー・アルバム「Broken Boy Soldiers」が5月にリリースされるようですね。
バンドのオフィシャル・サイトではシングル曲の試聴もできるようです。
しかし、このサイトかっけーな。
コンセプトは80年代かな。
a0026447_2544598.jpg

で、先日の日本公演。
セットリストが発表されています。
気になったのは私が観た翌日、3/6のZEPP TOKYO。
3/5に演奏しなかった曲が5曲ありました。いいなー。
でも演奏した曲は3/5のほうが8曲も多いです。やったー。
観に行った人も、そうでない人も、この順番でプレイリストを作って聴くとよいよ。
そのときは最初に「Who's A Big Baby?」を忘れずに(笑)。

The White Stripes Live @ ZEPP TOKYO 2006/3/6

Blue Orchid
Dead Leaves And The Dirty Ground
Harvest Moon*
When I Hear My Name
My Doorbell
Jolene
Death Letter
Canon
Passive Manipulation
I Want To Be The Boy To Warm Your Mother's Heart
Hotel Yorba
Truth Doesn't Make A Noise
Wasting My Time
The Hardest Button To Button

= Encore =
I Fought Piranhas
You've Got Her In Your Pocket
Red Rain
Ball And Biscuit
The Nurse
Seven Nation Army
Boll Weevil*

(*アルバム未収録カヴァー)
■ ZEPP NAGOYA 2006/3/8のセットリストはコチラ
■ ZEPP OSAKA 2006/3/9のセットリストはコチラ
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-18 02:55
KISS IN JAPANだそーです
a0026447_0342492.jpgCDジャーナル経由KISSONLINEによると、KISSの来日公演が決定した模様です。

KISS will tour Japan this summer with a select string of dates just officially announced:

July 18th Nagoya Rainbow Hall
July 20th Fukuoka Kokusai Center
July 22nd Tokyo Udo Festival
July 23rd Osaka Udo Festival



東京と大阪の“Udo Festival”っつーのは、2004年にフーが初来日を果たした「The Rock Odyssey」のことでしょーか。
そういや、昨年はなかったよね??
サマソニやフジロックといった野外フェスは苦手ですが、キッスは観たいな。
「地獄の夏フェス」ん〜たまらんな。
でもやっぱ単独がいいな。
あ、来週はストーンズだ。

♪The Cynic
 Kashmir
 No Balance Palace(2006)
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-17 00:34
Tommy(1975)
a0026447_17313985.jpg最近ではグリーン・デイの「American Idiot」で久しぶりに耳にした“ロック・オペラ”という言葉。そのロック・オペラの元祖と呼ばれるコンセプト・アルバムこそが1969年に発表されたフーの2枚組アルバム「Tommy」です。本作はその「Tommy」をケン・ラッセル監督が映画化したもので、フーのメンバーはもちろん、豪華アーティストがゲスト出演しています。

アルバムから生まれた「Tommy」は1972年に舞台化された後映画化。1992年からはブロードウェイ・ミュージカルとして世界中で公演してきました。そしてこのたび日本初上陸となったわけですが、“トニー賞5部門受賞”“20世紀最高のロック・オペラ”などの輝かしい讃辞とは裏腹に日本公演に限ってはどうも客入りが良くないという噂です。フーの日本での不遇は21世紀になっても続いてしまうのでしょうか。そんなことではいけません。トミーを知らないかた、ここで予習して厚生年金会館まで足を運びましょう。

続きを読む
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-12 17:40 | DVD
3月の11日になったわけだが
やっぱり今年はツイてないんじゃないかという気がしてきた。


■U2
●日本公演延期のお知らせ

来る4月4日に横浜日産スタジアムで予定されておりました
「U2 VERTIGO//2006 TOUR」は、アーティスト側の事情により
延期となりました。振替公演日程及びチケットの払い戻し方法等に
関しましては、詳細が決定次第、コンサート事務局または
日本公演オフィシャルホームページにてご案内させて頂きます。

▼U2コンサート事務局:
 0180-993-717

▼U2日本公演オフィシャルホームページ:

 http://reco.jfn.co.jp/u2/

<U2 サイト>
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/u2/

やっぱ、日本が嫌いなんだよ。アイツは(笑)。


♪Sometimes You Can't Make It On Your Own
 U2
 How To Dismantle An Atomic Bomb(2004)
[PR]
by velvet_iris | 2006-03-11 10:43