<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
69 Awards 2005: Best Artist 2005
a0026447_20165227.gif「rockin'on」誌の粉川しの氏は2月号の記事で「2005年のロック・シーンは“再生”がキーワードになった」と書いています。
これは私も同感で、2005年は本当に“懐かしいアーティストたちが戻ってきた年”でした。
私にとって“懐かしい”というのは80年代に夢中だったHR/HMなのですが、90年代以降は人気バンドの解散や低迷、ヘヴィ・ロックの台頭で影が薄くなっていました。しかし、2004年の終わり頃から「2005年はHR/HM復活の年になる」と多方面で囁かれるようになりました。それこそ“懐かしいアーティストたちが戻ってくる年”だったからなのです。

そんな訳で、「69グラミー賞」3回目は「最優秀アーティスト」。
ノミネートした5組にはHR/HM勢が若干含まれていますが、いずれのアーティストも“再生”というキーワードにピタリと当てはまっている気がします。


■Judas Priest
a0026447_20255571.jpg名盤「Painkiller」から15年、ロブ・ハルフォードが復帰した新作「Angel Of Retribution」が2月にリリース。しかもオリコン総合チャート8位を獲得!5月には来日公演も果たしました。7月には旧盤カタログ13作品が紙ジャケ完全限定生産でリイシュー、12月には武道館公演の模様を収録したDVD「Rising In The East」もリリースされました。


■Motley Crue
a0026447_20263243.jpgオリジナル・メンバーでの再結成後、2月に新曲を含むベスト盤「Red, White & Crue」をリリース。11月には来日公演も果たしましたが、私は直前になって行けませんでした。悔しさのあまり、輸入盤DVD「Carnival Of Sins Live」とリージョンALLのDVDプレイヤーを購入。結局チケット代以上の散財となりましたとさ(笑)。


■Oasis
a0026447_20265952.jpg5月に3年ぶりの新作「Don't Believe The Truth」をリリース。バンド史上初(UKバンドとしては28年ぶり)となるオリコン総合チャート初登場1位を記録!日本国内の音楽誌はもちろん、メンズ・ノンノなど一般誌の表紙にまでひっぱりだこでした。8月のサマーソニック05、11月の単独公演と年2回も来日したのも完全復活を感じましたね。


■Ozzy Osbourne
a0026447_20273325.jpg4月にはキャリアの集大成となる4枚組ボックス・セット「Prince Of Darkness」をリリース。邸宅の火災などもありつつ、8月には10周年となるOzzfestからの引退を宣言したかと思えば、自身のHPで新しいギター・プレイヤーを募集。11月にはブラック・サバスがUK Music Hall Of Fameの殿堂入りを果たすなど話題に事欠かない一年でした。


■The Rolling Stones
a0026447_2028529.jpg8月に8年ぶりの新作「A Bigger Bang」をリリース。ワールド・ツアーのキックオフにともない、いろんな商品がリリースされまくりです。グッズ専門店「ギミー・シェルター」からは毎月のように新作グッズ入荷のお知らせが届き、散財させられました。来日公演が決定してからは怪しい招聘元の動きに要注目でした(笑)。



...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-29 20:37 | The 69 Awards 2005
ニュースいろいろいろいろ
そうそう、昨日の「ニュースいろいろ」ですが、もうひとつ私にとって重要なニュースを忘れていました。

a0026447_2075515.jpgアッシュからシャーロット・ハザリーが脱退!
(CD Journal 2006/1/23)

1998年リリースの3rdアルバム「Nu-Clear Sounds」からバンドに加入した“紅一点ギター・プレイヤー”のシャーロットがバンドから脱退した模様です。
脱退の原因は明らかにされておらず、バンドの公式HPでは“PRESS RELEASE”として、「バンドに加入してから9年、アッシュとシャーロット・ハザリーは別々の道を歩む事に同意しました。(脱退の)決定は友好的であり、彼らはお互いの成功を願っています」と掲載されています。

うーん、困りましたな。
シャーロットは2004年にソロ・デビューアルバム「Grey Will Fade」を発表し、昨年には国内盤もリリースされました。確かにアッシュとは違う色のアルバムでしたが、ソロ活動はバンドと並行していくものだとばかり思ってましたよ。
現在シャーロットはセカンド・ソロアルバムを、アッシュも新作のレコーディングに入っているそうですが、お互いにとって厳しいものになりそうな悪い予感がします。

シャーロットって、なんか寡黙だけど頭の中ではいろんなことを考えてる女性っていうイメージがあります。同じようなタイプでいうと南海キャンディーズのしずちゃん。
フリルのついたシャツがお気に入りという共通点もありますが、どーもしずちゃんとダブってしまってしようがないのです。
最近はしずちゃんが雑誌でグラビアに挑戦したりと、しずちゃん自身がクローズアップされているけれど、しずちゃんが面白く映るのは相方の山ちゃんの力だと思うんですよ。
番組とかで司会者がしずちゃんに振ると、しずちゃんはボソボソッと一言喋りますよね。
もし、そこで終わったら全然面白くないと思うんです。
そこですかさず山ちゃんが拾ってることで、笑いになって、「しずちゃん面白い」と映るような気がします。
仮に南海キャンディーズが解散して、二人がピン芸人になったら——

想像できますか。
私がアッシュとシャーロットに対して抱いてしまった不安を(笑)。
まあ、黙って見守るしかないですね。

以上、ここまでは先週のニュースでした。
そして今日、ついに発表されてましたよ♪


a0026447_2083023.jpg01.25.06
Jack and Meg have rescheduled their tour to Japan. Please check out the tour page for newly confirmed dates.


はい、来日公演ドタキャンのホワイト・ストライプスです。
バンドの公式HPを暇があるたびチェックしていたのですが、今日になって、振り替え公演の日程がアップされていました。
どうやら2月のオーストラリアの後、日本へは3月にやってくるようです。

3/5(日)Zepp Tokyo
3/6(月)Zepp Tokyo
3/8(水)Zepp Nagoya
3/9(木)Zepp Osaka


招聘元のスマッシュからの正式な連絡はまだありませんが、私のチケットは初日1/12(木)のものだったので、3/5(日)に振り替えられるんだと思います。

よかった〜。日曜日だ。仕事を忘れてエンジョイできますよ♪
ストーンズやU2も、いっそすべて日曜にしてくれたらいいのに。(←超自己チュー)


■ 公式サイトのTOUR DATESはコチラ(whitestripes.com)
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-26 20:10
ニュースいろいろ
a0026447_22541830.jpg最近いろんなニュースが多いですね。
ニュ−ス番組はいろいろありますが、私は古館派。
テレ朝っ子なワケですが、それよりも楽しみにしているニュースはNHKの「週刊こどもニュース」です。
むずかしいニュースをわっかりやすくおしえてくれるのでだいすきです。

例えば、あの姉歯関連のニュース。
報道ステーションなどは「マンション構造書偽造問題」と伝えますが、週刊こどもニュースは「地震に弱いマンションがたくさん建てられた問題」という感じ。
どうです、わかりやすいでしょ(笑)?

ライブドアのこともわっかりやすーく説明してくれました。
番組ホームページでは前回の放送がテキストになってます。

ライブドアは何をした?(週刊こどもニュース)


いやいや、それどころじゃない!
しばらくブログを放置しているあいだに、ホリエモン逮捕以上にびっくりクリクリのニュースがあったのですよ!

まずは、

a0026447_22544615.jpgCoccoが復活シングル“音速パンチ”発表
(bounce.com 2006/1/18)

正直、5年前の突然の活動休止は私に驚きと、「ああ、やっぱり。でも良かった」という安堵感を与えました。
ミュージック・ステーションの生放送を最期にCoccoが姿を消してからは、「中途半端に復活なんかしないで、いっそ伝説になってくれたら…」とも思いましたが、“こっこちゃんとしげるくん”や“SINGER SONGER”で見事、中途半端に復活(笑)。
「もうこうなったら完全復活を!」という想いで悶々としていたので、このニュースは「ウェルカム、腕噛む、どこ噛むねん!」という感じです。
しかも、根岸サンと再びタッグですよ。
「メタリカ+ボブ・ロック」くらいのパーフェクトな組み合わせですよ。
非常に楽しみです。

つぎ!

a0026447_22552699.jpgW.アクセル・ローズ、ついに語る!
(CD Journal 2006/1/18)

米ローリング・ストーン誌が、ガンズ&ローゼズのアクセル・ローズのインタビューに成功したそうです。
それによると、新作アルバム「Chinese Democracy」についてアクセルは「今年中には聴けるだろう」とコメントした模様です。
15年ぶりですよ。
Coccoの5年ぶりの三倍ですよ、さんばい(笑)!
たしかに新作の発表時期は、いろいろな憶測が飛び交ってました。
最近も、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのスラッシュが「3月には聴けるだろう」とラジオ番組でコメントをしたばかり。
GN'Rのファンは辛抱強いですよ。
もうみんなキリンみたいになってますよ。
もし、仮に、万が一、本当に発売されたなら、オリコンアルバムチャートTOP10とかに平気でランクインする予感がしますよ。私は。
そのくらい待ち望んでいる人は多いはず。
「待った甲斐があったよーっ!」と号泣してしまうくらい、傑作だといいんですが。

で、最後に悲しいニュース。

a0026447_22555453.jpg“北欧産L.A.メタル”、クラッシュダイエットのフロントマンが急逝
(CD Journal 2006/1/23)

昨年9月に日本デビューを果たしたスウェーデンの新人HRバンド、クラッシュダイエットのデイヴ・レパードが1月20日に亡くなったそうです。
享年25歳。死因は明らかにされていないようです。
デイヴの死にともなってバンドも解散となるそうです。

Burrn!誌などを読まれるHR/HMファンならご存じだと思いますが、彼らはバリバリ80年代のサウンドとルックスを合わせ持ったバンドでした。
デイヴ・レパード、マーティン・スゥィート、エリック・ヤング、ピーター・ロンドンという、HR/HMマニアがクスッとしてしまいそうなメンバーの名前。
フォト・セッションでは、ライダースジャケットの下にストライパーやラットのTシャツを着用していたり、揃ってウエスタン・ブーツを履いていたりと“もろ80年代”なファッションには懐かしさを覚えた方も多いでしょう。
しかし彼らは、単にノスタルジーを追っている訳でも無いし、もちろんウケ狙いでもなく「大マジメ」だったようです。というのもスウェーデンでは“もろ80年代”なバンドは数多く存在しているようなのですが、注目されるのはヘラコプターズやバックヤード・ベイビーズのようなバンドばかり。
彼らは自分達の好きな音楽とスタイルをもっと広めたいようでした。

話はそれますが、毎年一月って洋楽アルバムが不作ですよね。
有名アーティストのリリース時期ではないし、リリースされる枚数自体少ないし。
それで、私は10日前にこのクラッシュダイエットのアルバム「Rest In Sleaze」を買ったばかりでした。
傑作とは思えなかったけれど、キャッチーなギタープレイにコーラスといった80年代をリアルタイムで通過してきた人間にとっては心地良いサウンドで、「ああ、69アワードの新人アーティストくらいにはノミネートしておけばよかった」なんて思っていた矢先の訃報だったので本当に驚きました。

Burrn!誌10月号のインタビューで「アクセルはこれまでで最高の存在だと思うし、彼は総てが最高だと俺は思ってるよ」と語っていたデイヴ・レパード。
クラッシュダイエット(CRASHDIET)というバンド名もGN'Rのデモに入っていた“Crashdiet”という曲から付けたらしく、彼のインタビューにはアクセルへの愛情が溢れています。
また、「新作の“Chinese Democracy”が出れば、これまでで最高の作品となるはずだ」とも語っていました。

デイヴくん、キミの生きているうちに間に合わなかったけれど、どうか天国で聴いてね。R.I.P.

♪Riot In Everyone
 Crashdiet
 Rest In Sleaze(2005)
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-25 23:00
69 Awards 2005: Best Cover Design 2005
a0026447_23225382.gif「69グラミー賞」2週目は「最優秀アルバムジャケット」の発表です。
ピンク・フロイドやツェッペリンを手掛けたヒプノシスや、ブラック・サバスで有名なキーフなど優れたアルバムには優れたジャケットがつきもの。
たとえ中身を知らなくても、ジャケットに魅了されて購入してしまう“ジャケ買い”が日常茶飯事の方も多いでしょう。私も“ジャケ買い”の頻度が高かったのですが、さすがに数多く聴くことが不可能になってきたので最近は滅多にありません。
ですから今年も“ジャケ買い”はありませんが、下記5作品をノミネートしてみました。


a0026447_23233267.jpg■Bon Jovi / Have A Nice Day
最初に見たときは「やりおった」感が強かったこのジャケット。当初はビデオクリップの中だけで使用される予定だったそうです。しかし独裁的なジョンの一言でジャケットに昇格。アートとかセンスは抜きにしてインパクトだけはあります。もちろんデザインしたのはジョン本人です。


a0026447_23241017.jpg■Dramagods / Love
これまでのヌーノのソロ関連とは一味ちがうカラフルなジャケットは、お花畑の暖かい雰囲気の中で手錠をしたカップルの写真。一見、相反する“つないだ手”と“手錠”ですが、どちらもタイトルである「Love」を象徴しています。うーん、深いなあ。フォトグラファーはWill Blochinger。


a0026447_23244626.jpg■The Rolling Stones / A Bigger Bang
近年グラフィックが多かったストーンズ。久しぶりの写真はイギリス人フォトグラファー、Nick Knightの手によるもの。ルネッサンス時代の画家、カラヴァッジョ作「エマオの晩餐」にヒントを得ているそうです。タイトルやバンド名の表記を省いてシンプルに、余白部分を多くとって高級感を醸し出していますね。


a0026447_23251967.jpg■Singer Songer / ばらいろポップ
2001年突然の活動休止から4年。絵本作家ではなく“うたうたい”として戻ってきたCocco率いるSinger Songerのデビューアルバム。Cocco時代のアルバム4作品がそうだったように、制作はもちろんCocco本人の手によるものです。ジャケット自体にはレイアウトされてませんが、バンドロゴも素敵です♪


a0026447_23254617.jpg■Stereophonics / Language. Sex. Violence. Other?
これまでモノクロやダークな色合いだったステレオフォニックスのアルバムジャケットも、5作目にしてカラフルになりました。手掛けたのは、The Face誌などで活躍しているイラストレーター、Graham Rounthwaite。まるでポール・スミスのお財布みたいですが、好きです。こういうの。

...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-15 23:31 | The 69 Awards 2005
転校生がやってきた!
a0026447_12032.gifアップル小学校は今日から新学期。

先生:「はーい、みなさん。よく聞きなさい」
生徒たち:「ういーす!」
先生:「今日からこのクラスで一緒にお勉強することになったインテル君だ。みんな仲良くするんだぞ」
生徒たち:「ういーす!」
転校生:「はじめまして、インテルと申します。よろしくおねがいします」
先生:「インテル君はとても成績優秀だぞ。みんなも負けないようにがんばるんだぞ」
生徒たち:「ういーす!」
転校生:「あの…ジョブズ先生。さっきから僕を睨んでいる人は誰ですか?」
先生:「ああ、彼はG5君だ。クラスで成績トップだから、インテル君をライバル視してるのさ」
生徒G3:「インテル君、よろしくね!友達になってあげるから、ベンチマークの引き合いに出さないでね」
生徒たち:「あー!ズルいぞ」
生徒G4:「ばーか。G3なんて引き合いに出す訳ねーだろ。この時代遅れめ!」
先生:「こらこら、喧嘩はやめなさい。あれ?誰だ、後ろの席で寝てるのは」
生徒G3:「先生!604e君がし、死んでます!」

こんな会話が聞こえてきそうなニューフェイス、インテルMacが登場しました。


アップル
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-12 01:21
U2も来日決定!
a0026447_20483189.gif友人からのメールでU2のオフィシャルサイトをチェックしてみると…

10.01.2006
And now Japan...
U2 will play the Nissan Stadium in Yokohama on April 4th as the band return to Japan for the first time since 1998. Tickets will go on sale at midnight on Saturday, January 21st.

U2.Com can also confirm the ticket prices for the show, which will take place in the venue where the last World Cup Final took place in 2002.

Contrary to some stories that circulated earlier today, the prices for U2 tickets in Japan are in line with those for Vertigo//2005//2006 shows in the rest of the world, and certainly the top price is less than those announced for other major artists who will be playing Japan this year.

Ticket prices will be as follows:
10,000 JPY - General Admission Standing on the floor
15,000 JPY - Lower Level Stands
10,000 JPY - Upper Level Stands



記事内の"other major artists"ってストーンズのことじゃん(笑)。
それでも1万円超なのは、チケット代バブル期に突入してしまったのでしょうか。

■ オフィシャルサイトの記事はコチラ(U2.com)
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-11 20:50
やりおった!
さっき帰宅してメールを確認したらびっくり!
─────────────────────────────────────
◇◆『The White Stripes』公演延期のご案内◇◆
─────────────────────────────────────

突然のメールにて失礼いたします。e+カスタマーセンターでございます。
平素はe+をご利用いただき、誠にありがとうございます。

下記何れかの公演をお申込みの方へ主催者よりご連絡です。

▼The White Stripes
2006/01/12(木) 19:00開演 Zepp Tokyo
2006/01/13(金) 19:00開演 Zepp Tokyo
2006/01/15(日) 18:00開演 Zepp Osaka
2006/01/16(月) 19:00開演 Zepp Nagoya

本公演はVO&GのJACK WHITE(ジャック・ホワイト)の声が急に出なくなり、
急遽病院にて治療が必要な状況となりました為、延期になりました。

なお、現在新たな公演日程を調整しております。
決定次第改めて、ご案内いたします。その際チケットの払戻しに関しても
発表いたしますので、お持ちのチケットは延期日程が決定するまで、
大切に保管してください。

上記に関しましてご不明な点がございましたら、
メールまたは下記電話番号までお客様番号、受付番号を添えて
お問合せください。

■e+カスタマーセンター
Mail : tktmaster@eplus.co.jp
Tel : 03-5749-9911(10:00〜18:00)

■公演に関するお問合せ
  スマッシュ:03-3444-6751

今後ともe+をよろしくお願いいたします。


私が持っているチケットは初日のもの。つまり2日前ですよ(笑)。
ドタキャンとはこのことですね。
けど、なんだか嬉しい♪
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-10 23:19
The 69 Awards 2005: Best New Commer
a0026447_20453795.gif一昨年末の「69グラミー賞」覚えておいででしょうか。
私が一年間に購入したアルバムから、“最優秀アルバム”“最優秀曲”“最優秀アーティスト”“最優秀新人アーティスト”“最優秀アルバムジャケット”の5部門を独断と偏見で選定する年末恒例の企画です。
「オマエ、マダ、イッカイシカ、ヤッテネージャネーカ」という、ボビー・オロゴンのような突っ込みはどうかカンベンしてください(笑)。
なお、本家グラミーからクレームが寄せられたため(ウソ)、「69グラミー賞」あらため「69アワード」と名称を変えさせていただきます。

さて、年末に書いたように買ってはみたものの、あまり聴き込んでいないアルバムが多く、最優秀アルバムや最優秀曲を決めるのはとても難航しているわけですが、それ以外のものはほぼ決まっております。
なので週一回くらいの頻度で5部門を発表させていただきます。
つまり「今月は5回くらいしか更新しねーよ」という前フリでもあるんですがね(笑)。
なんというか、最近ブログを書く情熱? つーか、パッション? つーか、パッション屋良? フーン!フーン!
まあ(笑)、パッションが不足していまして、年が明けてもパッション不足は相変わらずなわけです。
といっても、今月はホワイト・ストライプスを観にZeppに行ったりしますから、ライヴの余韻ムンムンで更新することもあるかもです。

さてさて、それでは本題です。
1週目は「最優秀新人アーティスト」の発表です。
2005年に私が購入した新人アーティストのアルバムは10作品。
といってもすでに名のあるアーティストのソロ・デビューやら新バンドやらで、純粋な“新人”とはいえないモノもありますが、とりあえずノミネートは下記の5アーティスト。


a0026447_20471796.jpg■Anna Nalick / Wreck Of The Day
カリフォルニア出身の21歳。フィオナ・アップルやアラニスと比較されるように、自らの経験を元に曲作りを行なうタイプのシンガー・ソングライター。「rockin'on」8月号168ページの写真を見て一目惚れ♪ 結局それは“奇蹟の一枚”だったわけですが、アルバムも別の意味で奇蹟の一枚です。


a0026447_2048693.jpg■The Black Velvets / The Black Velvets
リヴァプール出身の4人組。本国デビューの2カ月前に日本先行デビュー&フジロック参戦のため、海の向こうからのハイプに踊らされることもなく純粋にピックアップした作品です。アマゾンではレヴュアーが偉そうな事を書いておられますが、ダットサンズやダークネスよりも好きですよ、私はね。


a0026447_20485227.jpg■Dramagods / Love
元エクストリームのギター・プレイヤー、ヌーノ・ベッテンコートがギター&ヴォーカルを務める4人組バンド。“新バンド”というよりは“改名バンド”に限りなく近いので、ノミネートするか最後まで迷いましたが、どーせ、ポピュレイション1なんて知らないでしょ。いーの、いーの。そのくらいの快心作デスヨ。


a0026447_2049389.jpg■Juliette & The Licks / Your Speaking My Language
ハリウッド女優のジュリエット・ルイスがヴォーカルの5人組バンド。若い頃からの夢を叶えるべく、女優としてのキャリアを投げ打つ覚悟でミュージシャン・デビュー。輸入盤しかリリースされていませんが、俳優・金子賢の男祭り参戦とは比較できないほどの男前っぷりは聴いてみる価値大アリです。


a0026447_2050590.jpg■The Subways / Young For Eternity
ロンドン郊外出身の3人組。バンドを始めようと思ったのはオアシスの「Supersonic」(1994)を聴いたのがきっかけという平均年齢18歳の若いバンド。「若さ+ガレージ・ロック=初期衝動」を期待しましたが、意外に考えて作ってます。でも紅一点ベースのシャーロットの「生足」には衝動を抑えられません(笑)。

...and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-04 21:06 | The 69 Awards 2005
ハッピーみさきゆうイヤー!
a0026447_21265115.jpg明けましておめでとうございます。

新年といえばカレンダーの交換時期です。
覚えてますか、みさきクンのカレンダー。
10月末には手元に届いていたのですが、ずっと未開封のままでした。
さっきドキドキしながら開封してみたところ、しっかりサインが入っておりましたー!(左は2005年カレンダー。もちろんサイン入り♪)

今年は縁起が良さそうです♪ 今年も夜露死苦!
[PR]
by velvet_iris | 2006-01-01 21:28 | みさきゆう