<   2005年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Black Sabbath / Master Of Reality(1971)
a0026447_1893691.jpg 久しぶりにスキンを変えてみた。分かる方はすぐに分かると思うがコレのパクリだ(笑)。たぶん、年末の「69グラミー賞最優秀アルバムジャケット部門」にノミネートするくらい気に入っている。昨年の最優秀アルバムジャケットにはフランツ・フェルディナンドを選んだが、よく考えてみればどちらもいわばDTP世代、つまりパソコンで簡単に出来てしまうアートワークだなと思った。もちろんアイデアを練る時間は昔と変わらないだろうが制作はあっと言う間、ものの5分もあれば誰でも出来る。

 今朝のアルバムはブラック・サバスが1971年にリリースした3rdアルバムで、ジャケットはご覧の通りバンド名とアルバムタイトルだけのシンプルなもの。しかし、これは5分で作れなかっただろう。フォントやパソコンが無い時代である。ひとつひとつ手で描かれた文字に同じ形は無く、その微妙なアウトラインがバンドの怪しいイメージを表している。しかもアナログ盤のLPや復刻された紙ジャケは文字がエンボス加工されていて、手に取っただけで重厚な雰囲気がビンビン伝わってくる。内袋はヴァーティゴの渦巻きロゴになっているが、このロゴだってDTPと手描きではえらく制作時間が違うはずだ。さて、肝心の曲のほうは当時酷評されたと聞くが、咳き込む不気味なSEから始まるM1「Sweet Leaf」や、オジーがソロになってから現在まで歌い続けているM4「Children Of The Grave」も含まれており、私はとても好きだ。CD時代になってA面、B面という概念も無くなり、iPod時代になってからはシャッフルという聴き方も定着してきたが、本作の聴き方としては推奨しない。2曲収められているインスト、とくにM3「Embryo」は、A面のクライマックスである「Children Of The Grave」への入口なので、続けて聴くのがベストだと思う。

 DTP(デスク・トップ・パブリッシング=机上出版)が普及したのはそれほど昔の事ではない。90年代に入りパソコンやスキャナなど周辺機器の高性能化・低価格化が進み、それまで写植や台紙で行なっていた作業をパソコンで一括して行なえるようになったのだ。フォトグラファーも銀塩カメラをデジタルカメラに持ちかえ、イラストレーターも紙ではなくタブレットに描くようになった。それは当然の事だが、バンドのロゴやアルバムタイトルが、既成フォントというのはやはり寂しいものである。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-29 18:20 | A/B/C
Ash / 1977(1996)
a0026447_2154366.jpg どうやら春休みだそうだ。私は子供がいないのでそういう事に疎い。近頃は物騒なのでおおっぴらに「子供好き」とは言えないが、じつは子供好きだったりする。特に赤ちゃんから成長する姿を見るのは自分の子供でなくとも嬉しい。しかし、最近は家族ぐるみのつき合いもかなり減ってしまい、他人の子供と遊んだりする事もなくなってしまった。「ああ、大きくなったね」と思うのは皇太子殿下の娘である愛子さまくらいだ。日本人の多くが皇室に親しみを感じるのは、ことあるごとに成長の様子を知らされているからではないかとも思う。

 今朝のアルバムはアッシュである。私は昨年リリースされた彼らの最新作「Meltdown」を2004年のベストアルバムと勝手に認定したのだが、今日紹介するアルバムは彼らのデビュー作のほうである。タイトルの「1977」は彼らの生まれ年なので、本作リリース時の彼らはまだティーンエイジャー。シングルデビュー時はまだハイスクールも卒業していない“ガキんちょ”だったわけだ。したがって本作の印象を簡潔にまとめると“青い”。M3「Girl From Mars」に代表されるようなボーイ・ミーツ・ガール的な歌詞、M5「Kung Fu」における香港映画のようなSEや、お遊びのようなシークレット・トラック。若葉のようなフレッシュさと言えば聞こえは良いが、青い、青臭いのだ。しかし、そんな青臭さを一瞬打ち消してしまう強力な消臭剤も持ち合わせている。消臭剤の成分はヘヴィなサウンドと甘美なメロディだ。M1「Lose Control」の攻撃的なギター、M2「Goldfinger」やM11「Lost In You」を一度聴けば口ずさんでしまうようなメロディセンスは、私が感じた嫌な部分をフォローしてくれたし、次作の購入理由としては充分だった。そして本作から2年後、シャーロットを加え4人編成でリリースした「Nu-Clear Sounds」ではすっかり青臭さはなくなり、名作と呼ばれる「Free All Angels」、そして昨年の「Meltdown」へと繋がっていくのである。

 デビュー当時は軟弱モヤシっ子だったティムも腕にタトゥーを入れ、不精ヒゲが似合うようになった。太めだったシャーロットも最近はめっきり可愛くなって、昨年はソロデビューも果たしている(国内盤は5月リリース)。思えば私のアッシュに対する愛情は、愛子さま同様、彼らの成長をリアルタイムで実感していることが大きいのかもしれない。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-28 21:08 | A/B/C
みさきニュース
おひさしブリーフの「みさきニュース」をふたつ。

a0026447_02335.jpg発売中の文藝春秋「TITLE」5月号にみさきクンが登場しています。
「いま会いたいCM美女30人!」という特集ですが、30人中の一人という扱いなので残念ながら1ページのみです。
なんでも168cmの身長は小学6年生から変わっていないそうです(笑)。
あと、レヴィプロダクションのインフォメーションによると、マガジンハウス「POPEYE」4/10日号にも登場するとのこと。
ちなみにプロフィール画像も新しくなっています。

もうひとつ。

a0026447_033575.jpgファイザー株式会社の「薬用リステリン」TVCMにみさきクンが出演、オンエア開始されています。
薬用リステリンを口に含み、口をブクブクさせながらダンスするというコミカルな内容になっています。
「恋するハニカミ」での“置き物状態”とは違う“動く”みさきクンは必見です(笑)。

■ 薬用リステリンCMギャラリーはコチラ
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-28 00:13 | みさきゆう
Various Artists / Streets Of Fire(1984)
a0026447_19455538.jpg iPodでシャッフル再生をさせて音楽を聴くようになると、普段聴かないジャンルの曲が流れてきて戸惑う経験はないだろうか。「こんなの買った記憶がない。もしかして記憶喪失になった? それとも別人格のときに買ったか?」と心配になる事がよくあるが、私の場合そんなときは大抵、映画のサントラ盤に収録されていた曲だったりする。目当ての曲を聴きたいためだけに買ったので、いつまで経ってもその他の収録曲を自発的に聴こうとしない。以前ならそのまま忘れてしまうが、最近はiPodがシャッフル再生して思い出させてくれる。

 今日iPodがシャッフル再生したのはドゥワップ調のアカペラから始まる曲だった。私はほとんどR&Bやソウル・ミュージックを聴かないので、そっち系のアルバムは持っていない。しばらくは「何の映画サントラだろう?」と考えていたが、さっぱり思いつかないので表示画面を見ると「ストリート・オブ・ファイヤー」のサントラだった。1984年のウォルター・ヒル監督作品である。ダイアン・レイン演ずるロックシンガーがヒロインで、無骨な一匹狼のヒーローはマイケル・パレ。勧善懲悪の見本のようなストーリーで、無茶苦茶カッコイイ映画だった。役柄上、クラブでの演奏シーンが満載なのでサントラも劇中で使用されたヴォーカル入りの10曲が収録されている。私のお目当てはマリア・マッキーの歌うM7「Never Be You」だったが、それ以外にもダン・ハートマンのM8「I Can Dream About You」やライ・クーダーの曲も収録されていて悪くない。しかし、この映画で思い出す曲は「今夜は青春」という邦題も付いたM6「Tonight Is What It Means To Be Young」だろう。たしか日本語詞カヴァーが大映ドラマの主題歌となりヒットしたはずだ。この曲をサントラで歌うのはファイヤー・インクというグループ。つまり劇中でのダイアン・レインは吹き替えだったのである。

 先日婚約を発表したウッチャンもこの作品が大好きらしい。たしかに男の子にウケの良い映画だ。私も中学生の頃に観てマイケル・パレに惚れぼれした覚えがある。ダイアン・レインもさぞかし若かったんだろうなあと思うと久しぶりに観たくなったので、帰りがけにレンタルショップへ寄ったら置いてなかった。帰宅してアマゾンで調べたら“在庫切れ”になっている。廃盤にでもなったのだろうか。廃盤になると悪い奴らはレンタル品を狙うんだよなあ(泣)。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-27 19:58 | V.A.
Cinderella / Long Cold Winter(1988)
a0026447_0434797.jpg ギブソン・レスポール。それは1952年に誕生して以来、半世紀以上に渡りロックミュージシャンに愛され、ロックファンの耳を魅了してきたエレクトリック・ギターの名機である。しかし1980年代なかば、レスポールに苦難の日々が訪れた。愛用していたプレイヤー達が失速気味に姿を消し、レスポールを持たないヴィジュアル、テクニック重視のポップ・メタルバンドが台頭してきたのだ。彼らの多くは派手なペイント柄、アームユニット搭載で軽量なギターを愛用していた。例えばクレイマー、ジャクソン/シャーベル、B.C.リッチなどだ。

 当時、最前線にいた「レスポール御三家」といえば、ジョン・サイクス、エイドリアン・ヴァンデンバーグ、ジェフ・ワトソンだった。しかし、ジョンはホワイトスネイクを脱退し、エイドリアンはESPやピーヴィーへ持ち替え、ジェフもヘイマーを使用していた。そんな中、レスポールの「見た目が地味、ハイポジションが弾きにくい、そして重い」こんな三重苦を苦にせず、音へのこだわりを見せたのが、シンデレラのトム・キーファーである。ボン・ジョヴィの弟分バンドとして1986年にデビューしたバンドではあるが、ボン・ジョヴィのやっていたキャッチーなポップロックとは一線を画した、ブルージィでいささか地味なロックがこのバンドの特徴だった(ボン・ジョヴィのリッチーも一時期、アームユニットの付いた3ハムのレスポールを使用していたっけ)。本作はこのバンドにとって2ndにあたるが、どの作品よりもブルーズ色に磨きのかかった泥臭いロックンロールを展開している。特に、M2「Gypsy Road」やM7「Long Cold Winter」は現在でも名曲として語り継がれているほどだ。

 トム・キーファーによってブルーズ・フィーリングとレスポールが再認識され、その後のスラッシュ、ザック・ワイルドの登場と相成るわけである。それからは、かつてのレスポール愛用派が再びレスポールを手にシーンに戻ってきたり、新人でいきなりレスポールを使用するバンドも珍しくなくなった。あの頃の「レスポール・リヴァイヴァル」はシンデレラ無くして巻き起こらなかったとは思わないが、忘れることの出来ないバンドである。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-24 00:46 | A/B/C
The Velvet Underground / Loaded (1970)
a0026447_19301879.jpg 気が付けば3月ももう終わり。今日は曇り空だったが、連休中は春が目前に来ているのを実感するような良い天気だった。季節だけではない。学生は入学・進学・卒業、社会人は人事異動のシーズンでもある。あらゆるものが変わる時期だ。中村勘九郎は勘三郎になり、林家こぶ平も正蔵となった。朝青龍のまわしも金色に変わったし、ドラえもんの声も変わる。ついでにニッポン放送の社長も変わりそうだ。

 ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの4作目も二つの大きな変化があったアルバムである。ひとつはジャケット。それまでのヴェルヴェッツのアルバムジャケットといえば、ファーストのバナナでお馴染みのアンディ・ウォーホルだったが、本作はポーランド生まれのデザイナーが手掛けている。ヴェルヴェッツの事を知らず、あの有名なウォーホルの後を継ぐというプレッシャーなど皆無で描かれたジャケットにはなぜか地下鉄の階段。ニューヨーク生活が短かったために“アンダーグラウンド”を地下鉄と勘違いしたというエピソードは笑えるが、芸術センスのない私にとっては、あんなバナナよりもこちらのほうが断然好き。バナナ柄のTシャツは1枚も持っていないが、この柄のTシャツは2枚持っているほどだ。そしてもうひとつは、本作リリースの1ヶ月後にルー・リードが脱退したこと。といってもレコーディングには参加しているのだが、いかんせんヤル気ゼロだったと言われている。結局、事実上のラストアルバムとなってしまった本作だが、M2「Sweet Jane」やM3「Rock & Roll」などヴェルヴェッツの代表曲も多く、私にとって重要なアルバムだ。後年、別ヴァージョンやデモ音源など未発表の音源を多数加えた「スペシャル・ヴァージョン」が発売されたのも記憶に新しい。

 3月末といえばテレビ番組改編の時期でもある。テレビっ子の私にとって金曜夜のお楽しみだった「特命係長 只野仁」が終わったし、パックンマックンの夕刊まわしYOMIでお馴染みの「ジャスト」も終わる。パックンは別として、マックンの今後が不安になるのは私だけではないはずだ。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-22 19:35 | T/U/V
Randy Rhoads(1956−1982)
a0026447_16553080.jpgOzzy Osbourne Bandの元ギター・プレイヤー。

1982年3月19日、フロリダ州で事故死。
享年25歳。

ツアー・バスでの移動中に立ち寄ったフロリダ州リースバーグ。バスの運転手と衣装係、そしてランディ・ローズの3人は小型飛行機に乗り込み、バスの上空を旋回したり、バスに向かって低空飛行するなど“お遊び”を始めた。しかし、三回目の低空飛行の際に小型飛行機はバスに接触し、民家の倉庫に激突。三人は即死だったという。

ランディ・ローズの25年という短い生涯の中で、1979年という年は間違いなくターニング・ポイントだっただろう。昼間は音楽講師として働き、夜にはデビューすらできないバンドでライブを行なっていた彼が、オーディションでオジー・オズボーンと出会った年だ。当時のオジーは父親を亡くし、ブラック・サバスも脱退するなど精神的に危うい時期だった。ソロデビューに向けても、トニー・アイオミという屈指のソングライターと袂を分けた不安も大きかったはずだ。そんなとき、オーディションに現れたのが23歳のランディだった。小柄でブロンドの長髪、まるで女の子のようなランディがチューニングのために鳴らしたハーモニクスを聴いただけで、オジーは「君に決めた」と言ったといわれている。まさに運命の出会いだったのかもしれない。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-19 16:58 | R.I.P.
...Like A Bolt Of Lightning / Juliette & The Licks(2005)
a0026447_1222490.jpg いわゆる「二足のわらじ」を履く兼業ミュージシャンは多い。ヤンキースのバーニー・ウイリアムスやWWEのスーパースター、ジョン・シナなど、スポーツ界に身を置きながら音楽界に進出する者は稀だが、俳優など演技の世界から音楽界に進出する者は多い。キアヌ・リーヴスやラッセル・クロウはバンドで、ヴィンセント・ギャロはソロとしてCDデビューしているのは有名だ。しかし、私はそれらの作品をほとんど聴くことはない。もともと音楽界から転身したアーティストの作品に比べると、どうせ大したことないだろうと思っていたからだ。

 今日紹介するジュリエット・ルイスも、一般的には女優という認識が強い。数々の作品に出演し、アカデミー賞とラズベリー賞の両方にノミネートされた経験を持つ彼女。私が思いつく彼女の代表作といえばやはり、凶悪なヒロイン、マロリーを演じた映画「ナチュラル・ボーン・キラーズ」である。同映画のサントラでもハスキーな歌声を披露している彼女は今年32歳だが、もともと「若い頃からやりたかった」らしく、女優というキャリアに悪影響を及ぼすのではという周囲の懸念も全く気にしていない。考え方が既にロックである。肝心な音のほうも、イギー&ザ・ストゥージズやパティ・スミス、プリテンダーズに影響を受けていると公言しているように、エネルギッシュなパンク寄りのロック。パンクといっても、うるさ速い第三世代パンクではないし、女性ヴォーカル好きという人にはもってこいだ。ディスティラーズのように疾走感のあるM2「Comin' Around」も良いし、M3「Got Love To Kill」のように耳に残るメロディはホールを彷佛とさせる。実際に元ホールのドラマー、パティ・シュメルもゲスト参加しているが、M5「American Boy」に代表されるように、全曲がバンドサウンドに仕上がっているのはご立派。オフィシャルサイトではM1「Shelter Your Needs」の2ヴァージョンのPVもアップされているが、さすが女優。存在感がもの凄い。ライヴでも結構過激なパフォーマンスをしているようだ。

 結成は2003年らしいが、ジュリエットのスケジュールの厳しさゆえに現在までにリリースされたのはこのEPだけ。それでも5月にはフルレンス・アルバム「You're Speaking My Language」をリリース予定。夏にはフジ“アーティストの青田買い”ロックフェスティバルで来日するというのだから、これは「大したことある」かもしれない。

 ■ バンドのオフィシャルサイトはコチラ(音出ます)
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-18 01:26 | J/K/L
U2 / October(1981)
a0026447_1962776.jpg ロックバンドに付き物なのはメンバーチェンジだ。メンバーチェンジの理由としては、メンバー同士の不仲による脱退、メンバーの死亡、ドラッグやアルコール漬けなど病気によるリタイアや解雇が多い。他のバンドに引き抜かれるという場合もある。志をひとつにしてデビューしても、十数年経てば方向性や気持ちの面にズレが生じてくるのは普通のことだ。まったくメンバーチェンジをしないバンドを探す方がむずかしい。というか、とっさに思いつくバンドはひとつだけ。そう、U2である。

 今日のアルバムはU2が1981年にリリースした2ndで、最新作「How To Dismantle An Atomic Bomb」で再びプロデュースに参加したスティーヴ・リリーホワイトがプロデュースを務めている。いわゆる“初期U2”だ。たしか私がU2を聴いたのは次作の「War」が最初。それから「The Joshua Tree」リリースまでの4年間くらいで時系列を無視した聴き方をしていたので、プロデュースがブライアン・イーノに移ったことも気に留めていなかった。それでも「Boy」とこの作品についてはなんだか暗いイメージが強かったのを思い出す。それから20年近く聴き続けている現在でも、目を閉じて浮かんでくる情景は、冷たい北風が吹き付ける荒野という感じだが、逆にそれがU2らしいんじゃないかとさえ思う。のちに発売されたベスト盤「The Best Of 1980-1990」では1曲も収録されておらず、冷遇されている印象が強いアルバムだが、私がU2のベスト的なものを作るとしたらM1「Gloria」や、M7「October」を欠かすことはできない。

 一切メンバーチェンジををせぬまま、25周年を迎えるU2。気になるのは来日公演だ。すでにオフィシャルサイトにはワールドツアーの日程が発表されているが、6月〜8月はヨーロッパ、9月〜12月中旬までは北米ツアーの日程がギッシリ。残念ながら日本公演の日程は発表されていないが、12月下旬以降もしくは、ヨーロッパツアーと北米ツアーの間、8月末くらいが怪しいかもしれない。

 ■ VERTIGO//2005' WORLD TOURの詳細はコチラ
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-15 19:13 | T/U/V
Nazareth / Greatest Hits(1989)
a0026447_21494496.jpg 今日から大相撲春場所が始まった。ご存じのように大相撲には番付という序列があり、その最高峰が横綱である。しかし、この横綱という位置は一度登り詰めてしまうと陥落することができない。小結や大関は番付を落とすことはできるが、横綱は常に白星を求められ、成績が悪くなれば引退するしかないのだ。ロックバンドには番付こそないが、良質のアルバムを作り、セールスに結びつくことで格が上がっていく。今日紹介するバンドは70年代の中期には“小結”くらいの位置にいたのではないだろうか。

 今日のアルバムはナザレスが1975年にリリースしたベスト盤「ラヴ・ハーツ/ナザレスの逆襲」に3曲を追加収録したもの。最近になって何故か紙ジャケで再発された「ラザマナス」「威光そして栄誉」「人食い犬」時代の曲がほとんどである。私がナザレスを知ったのは90年代前半、ガンズ&ローゼズのアクセル・ローズがナザレスのことを“フェイバリットなバンド”発言した記事を読んでからだ。事実、このCDの帯コピーにも「アクセル・ローズが愛聴したスーパー・グループ」という文句が並んでいる。最初に買ったのがこの作品だったが、ベスト盤ということもあり、良い曲ばかりである。ナザレスがオリジナルと誤解されるくらいヒットしたM3「Love Hurts」はもちろん、のちにガンズ&ローゼズもカヴァーしたM9「Hair Of The Dog」。ジョニ・ミッチェルのM7「This Flight Tonight」。アダルティになった80年代の曲も追加されている。スコットランド出身でありながら、アメリカン・マーケットを意識した曲が多いため、ブリッティッシュ・ロックという言葉で括るのは難しいナザレス。「ヘヴィメタルの元祖」という例えもあるほどだ。

 横綱に登り詰めたガンズ&ローゼズが14年間も“休場”している中、ナザレスは現在も活動している。バンドに残っているのは、ダン・マッカファティー(vo)とピート・アグニュー(b)の二人。それに親子ほど年の離れたギターとドラムの4人編成で、主にツアー活動を行なっているようだ。ベスト盤やライヴ盤のレコードはたまにリリースしているようだが、日本では国内盤化さえしてもらえない。もう“序の口”扱いなのだろうか。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-13 22:02 | M/N/O