<   2004年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
To Love Somebody
a0026447_7215183.jpg ミュージックDVDとは違い、映画DVDはなかなか購入することがない。そうそう繰り返して観ることも少ないし、観たくなればレンタル屋さんに行けば良いと思っているからだ。それでも、たとえ年に一度しか観ないとしても手元に置いておきたい作品がある。それが映画DVDを購入するときの決め手だ。そんな数少ない私のライブラリに、つい最近加わった映画DVDが「小さな恋のメロディ」だ。

 制作・公開されたのが1971年というから私が生まれた年、33年前のことらしい。最初に観たのは小学校の低学年、たぶんテレビか家庭用8mmではないだろうか。メロディ役のトレイシー・ハイドに一目惚れだった。それまでにも「ペーパー・ムーン」のテイタム・オニールに一目惚れした事があったが、テイタムは同世代の女の子、トレイシーは少し年上のお姉さんという憧れがあったのを覚えている。大人になってからも何度かビデオレンタルで鑑賞し、数年前にはレンタル落ちのVHSを破格の値段で手にしていたものの、なぜかDVD化はされなかった。発売されてすぐに廃盤になってしまったアナ・トレントの「ミツバチのささやき」とともに長年待ち望んでいた作品だったのである。(誤解ないように付け加えると私はロリコンではありません)

 待った甲斐もあって、映像はリマスター処理され美しい。もともと色彩や構図が綺麗な作品だと思っていたが、これまで観ていたノイズは無くなり輪郭もくっきりしている。スペシャル映像として収録されているのはテレビ放送時の日本語吹替版で、若かりし頃の杉田かおるさんがメロディの声を演じているのも懐かしい。特に気に入ったのはミュージック・チャプター機能で、ビージーズや、CSN&Yの名曲からシーンが選べるのは粋な計らいだ。メロディがパブにいる父親にお小遣いを貰いに行くシーンで流れるビージーズの「Melody Fair」などもPV感覚で楽しめる。

 映像や音楽はもちろん、ストーリーだって楽しい。いつか私に子供ができたら一緒に観てみたい映画のひとつだ。昔の映画で舞台もイギリスだけれど、子供の本質はいつでもどこでも大差ないように思う。下校中、「最後のやつはホモだよ!」という掛け声で全員が走り出すようなシーンを観るたびにそう思う。

でもって今朝のアルバム
[PR]
by velvet_iris | 2004-11-28 07:27
The Carpenters / Singles 1969-1981(1999)
a0026447_11103785.jpg iPodにおけるシャッフル再生の醍醐味は以前書いた。自分の意思とは関係ない「曲のリレー」に出会うことだ。それは人と待ち合わせをしている街の中、ショッピングに夢中になっている店内、あるいは疲れた顔が並ぶ帰宅時の電車内で偶然やってくる。それまで再生されていた曲がフェードアウトして次の曲が再生された瞬間に鳥肌が立つことがあるのだ。なおかつ移動中の階段を登り切った瞬間や、ドアを開けた瞬間の情景に合った曲が流れてくるとなおさらである。それはラジオを聴いている状態でも体験できるが、自分のお気に入りの曲ばかりを詰め込める大容量ポータブルプレイヤーでは体験の度合いが多いのは当然のこと。そして私の“鳥肌の立つ曲”が多いアーティストは間違いなくカーペンターズなのである。

 しかし、それは一番好きなアーティストだからという訳ではない。曲以外の要素や影響を受けた度合いで考えればカーペンターズよりも先に名前を挙げるアーティストは他にいるのだ。オジー・オズボーンやキッスをはじめきりがない。おそらく鳥肌の原因はカレンの声質とリチャードのピアノである。カレンの声の何が影響するのかは分からない。周波数かもしれないし、英語の教材のように美しい発音かもしれない。そして、なぜか私はピアノのイントロで始まる曲に弱い。イーグルスの「Desperado」や ビートルズの「Let It Be」、ストーンズの「She's A Rainbow」でもよく鳥肌を立てている(笑)。

 カーペンターズのデビューは1969年の「Offering(Ticket To Ride)」。カレンが拒食症に伴う急性心不全でこの世を去ったのは1983年2月4日だが、カレン存命中に発表されたアルバムは1981年の「Made In America」が最後である。今回紹介するこのアルバムにはその1969年から1981年の12年間、9枚のオリジナルアルバムに収録されたシングル21曲が網羅されている。もちろん、この1枚全21曲は素晴らしい曲ばかりだが、収録に漏れたシングルもまだある。カーペンターズの曲がiPodに入っていない人に対してオリジナルアルバムを1枚挙げることはとても難しいが、最初の1枚としてお薦めするなら本作ではないかと思う。ちなみにSACD版(現時点では輸入盤のみ)が最近発売されたようなので、音質にこだわりたいかたはそちらをお薦めします。紙ジャケ好きでリッチなあなたはコチラでレッツ・コンプリート!
[PR]
by velvet_iris | 2004-11-26 11:12 | A/B/C
Freddie Mercury(1946−1991)
a0026447_3394791.jpgQueenのヴォーカリスト。

1991年11月24日、病死。
享年45歳。

原因はHIVによるカリニ肺炎。

その日、私は午前中にHIV感染のニュースを知り、夜には死亡のニュースを聞いた。当時はHIVの認識がかなり低かったため、フレディが亡くなったショックよりもHIVの怖さの衝撃が大きかったように思う。

フレディがこの世から去って13年。2004年版エイズ報告書によると、HIV感染者は3940万人と過去最多。日本でも毎年増え続けているという。Rattのギター・プレイヤーだったロビン・クロスビーも2年前にHIVの合併症で亡くなった。すでに病気と闘っている人、いまだ感染を知らない人も多いはず。特効薬ができるのはいつになるのだろうか。

今朝iPodが再生したのは
[PR]
by velvet_iris | 2004-11-25 01:37 | R.I.P.
Aerosmith / Toys In The Attic(1975)
a0026447_1530288.jpg 邦題「闇夜のヘビイ・ロック」。キャリアの長いバンドの場合はファンの年代も様々で、またアルバムに対する思い入れもそれぞれ違ってくるものだ。エアロスミスもそうだが、特にエアロの場合は沈んでいた時期があったり、お世辞にも良いとは言えないアルバムが続いた時期もある(と思う)。しかし、この3rdアルバムは往年のファンや、90年代以降のファンにも愛されるアルバムの中の一枚ではないだろうか。オープニングを飾るタイトルナンバーM1「Toys In The Attic」をはじめ、定番のM4「Walk This Way」やM6「Sweet Emotion」、カヴァーのM5「Big Ten Inch Record」も良いが、個人的にはラストのM9「You See Me Crying」が大好きだ。80年代の「Angel」や90年代の「Cryin'」に匹敵するほどの美しさだと思う。

 15歳の頃、英会話の先生と音楽の話をしたときのことを思い出した。その先生はアメリカ人で20代後半くらい、当時流行っていたコメディ映画「ポリスアカデミー」のスティーヴ・グッテンバーグに似ていたので、友だちとの間では“マホーニー”というあだ名で呼んでいた。ある日の授業中、マホーニーが「音楽は好きですか?」という問いと共に「好きなミュージシャンを教えてください」と質問してきた。周りは「レベッカ」だとか「ボウイ」と答えるのだが、来日して間もないマホーニーが日本のバンドを知る訳がない。案の定、「私は知りません。どんな曲か教えてください」と歌わせようとするのだ。私は「その手には乗るものか」とアメリカ人でも分かるだろうと「僕はグランド・ファンクとかエアロスミスを良く聴きます」と答えた。すると「昔のバンドですね。今のアメリカ人はほとんど聴きません」と鼻で笑われてしまったのだ。少々カチンと来た私が「先生は誰が好きですか?」と聞き返すと「僕はビリー・アイドルを聴いているよ」と言い歌い出した。あまりの下手な歌いっぷりにクラス中は爆笑だったが、正直「ああ、エアロはやっぱり古いのかあ」とも感じたものだ。それだけに、その翌年RUN D.M.Cが「Walk This Way」をカヴァーしたことにより、エアロが復活したことは嬉しかったのである。
[PR]
by velvet_iris | 2004-11-23 15:34 | A/B/C
Queen / The Works(1984)
a0026447_21202611.jpg 音楽にはいろんな効能があると思う。元気にしてくれる、勇気を与えてくれる、怒りや悲しみを増幅させてくれる、悩みを忘れさせてくれる等々。こういう効能は曲のリズムやメロディによるものが多いのだろう。また、タイムマシーンのように時間を戻してくれたりすることもある。これは曲の持つ要素は関係なく、聴いていた時期と記憶が直結しているからだと思う。私にとってこのアルバムは13歳の頃、まさに80年代の記憶が甦ってくるアルバムだ。

 リアルタイムでクイーンを聴きはじめたきっかけは「ベストヒットUSA」で流れていたM6「I Want To Break Free」のPVだった。シンディ・ローパーやカルチャー・クラブといったヴィジュアルを吹き飛ばすほど、フレディの女装は衝撃的だった。何度かPVを観るまでは他のメンバーも女装しているとは思わず、アルバムを購入してからロジャーの美しさに驚いたものだ。普通にブロンドのお姉さんだと思っていた。残念なのは「カッコイイ」という印象を持てなかったこと。つまり、音楽も含めて「面白いバンド」という、私にとって中途半端なカテゴリに分けてしまったことだろうか。当時、私の「カッコイイ」はキッスやディープ・パープルだったのだが、クイーンを「カッコイイ」と思えるまでに5年もかかってしまった。「面白い」や「カッコイイ」を含め、クイーンに対する感情というのは様々だと思う。実際にクイーンのファンは老若男女幅広く存在しており、そういった様々なファンに様々な愛され方をする。それもクイーンの魅力なんだろうなあと思う。

 何年か前、私の勤めていた会社に中途採用で入って来た女性がいた。年代はほぼ同じだが、趣味も違えば仕事をする上での考え方や、ものづくりのセンスも違う。「仕事以外では友だちになれないタイプ」だと勝手に決めつけていたのだが、会社の忘年会でカラオケに行くハメになった。そこで彼女が歌ったのがM1「Radio Ga Ga」だった。目がテンである。私もアルバム「Jazz」に収録されている「Bicycle Race」を歌い、あっと言う間に意気投合してしまった。それからはクイーンのDVDを貸し借りしたりと仲が良い。今はほとんど会う事がなくなってしまったが、今年も11月24日のフレディの命日にはメールが来るだろうなあ。
[PR]
by velvet_iris | 2004-11-07 21:22 | P/Q/R/S
The White Stripes / Elephant(2003)
a0026447_19185248.jpg 「デトロイトの紅白歌合戦」ことホワイト・ストライプスの4thアルバム。メグとジャックの姉弟という触れ込みだが“実は姉弟ではなく元夫婦”と噂される二人組。個人的には前作のポップな感じや2ndまでのチープな感じがなくなり、丁度良い塩梅になっていて一番好きなアルバムだ。グラミーの「ベスト・オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」を受賞し、M1「Seven Nation Army」も「ベスト・ロック・ソング」を受賞した。

 カントリーやブルーズの影響を受けているといわれるバンドだが、直接ブルーズの影響を受けたというよりも、ブルーズの影響を受けたバンドからの影響も大きいのだろう。M8「Ball And Biscuit」などはツェッペリンが演奏してもおかしくない。とにかくジャックのギターは「ディストーション博士号」を与えたくなるほどの歪みっぷりである。また、“古さへのこだわり”も並々ならぬものがあるらしく、このアルバムも1963年以降の機材は使用せず、たった2週間という期間と80万円程度の予算で制作されたらしい。機材の話は眉唾ものだが、そんなこだわりは好感が持てる。

 ロックミュージシャンには欠かせない「暴行事件で逮捕」とか「ガールフレンドとドライブ中に事故」はもちろん、変人っぽい匂いがプンプンするジャック。クリス・ペプラーのラジオ番組でのインタビューで“もし女性に生まれ変わったら?”という質問に「家でずっとシャワーを浴びたい」と答えていた。…意味不明なところがクールだ。
[PR]
by velvet_iris | 2004-11-01 19:19 | W/X/Y/Z