カテゴリ:The 69 Awards 2004( 5 )
2004 Best Album, 2004 Final Log
a0026447_5504569.gif 今年最後の記事は「2004年最優秀アルバム」で締めくくりたいと思います。「最優秀」と言っても、もちろん全部のアルバムを聴いた訳ではありません。今年発売され、なおかつ偏見の塊のような私が購入した32枚の洋楽アルバムの中での話です。先に総評を述べてしまえば、「棺桶に入れたいような作品」には今年も出会えなかったということでしょうか。その理由は、自分が十代のような瑞々しい感性を失ったからなのか、耳が肥えてしまったのか、それとも魅力的な作品が生まれていないからなのか分かりません。魅力的な作品は生まれているのに出会えていないということもありますね。ま、いいや。それではノミネートした5作品を発表します。

a0026447_5514463.jpg■Ash / Meltdown(初回限定盤)
キャッチーなメロディは継承しつつ、全編ヘヴィに“脱皮”した3年ぶりの4thアルバム。通常盤と210円しか違わないボーナス・ディスク付き2枚組は今やレア。ファン以外も見つけ次第買うべき!
a0026447_5523913.jpg■The Datsuns / Outta Sight/Outta Mind
デビューから2年ぶりの2ndアルバム。前作同様ストレートなR&Rは「ガレージ・ロック・リヴァイヴァル」というブームに乗ってきたバンドではなかった事を証明してくれた。プロデュースはZEPのジョン・ポール・ジョーンズ!
a0026447_5531589.jpg■Lisa Loeb / The Way It Really Is
「メガネっ子」リサ・ローブの3年ぶりの4thアルバム。恋人ドゥイージル・ザッパももちろん参加。アコースティックの暖かさと、歌声の透明感は良い意味であいかわらず。捨て曲ナシ!
a0026447_5535781.jpg■U2 / How To Dismantle An Atomic Bomb
4年ぶりの11thアルバム。発売から2カ月弱だが、こういう企画に外せないほどの存在感のあるアルバム。どの時代のU2に近いというよりも、24年間の集大成という感じ。U2史上最高に売れそうな気がする…。
a0026447_5543553.jpg■Kiss / Alive 4
ライヴ・アルバム「Alive」シリーズの4作目は、オーケストラと競演したライヴ盤。「ハードロックとオーケストラのコラボなんてミスマッチ」と思うべからず。邦題は「地獄の交響曲」(笑)!


and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2004-12-30 06:05 | The 69 Awards 2004
2004 Best Song
a0026447_1451069.gif 今年も残すところ3日。「69グラミー賞」もあと2つだけです。もう少しの辛抱です(笑)。それでは5曲のノミネートから。

a0026447_145298.jpg■Alanis Morissette / Everything
4thアルバム「So-Called Chaos」のエンディング曲。アルバム自体はピンとこなかったものの、最後にこの曲を聴いたら許せてしまった。
a0026447_1454987.jpg■Bowling For Soup / 1985
テキサス出身の4人組、ボウリング・フォー・スープの3rdアルバム「A Hangover You Don't Deserve」からのシングル。元気なサウンドだが、歌詞は切ない。
a0026447_1461062.jpg■Kashmir / Rocket Brothers
デビューアルバム「Zitilites」のオープニングは静かなストリングスから始まるメランコリックな曲。風刺的なアニメーションPVも素晴らしかった。
a0026447_1473294.jpg■U2 / Vertigo
「How To Dismantle An Atomic Bomb」のオープニングを飾る先行シングル。iPodのシルエットCMはかっこいいと思ったが、PVは平凡。でも「めまい」らしいから良し。
a0026447_148713.jpg■Velvet Revolver / Fall To Pieces
デビューアルバム「Contraband」からのシングル。スコットの歌唱とスラッシュのギターが絡み合う最高級霜降りバラード。ただ本人が演技してるPVはいただけない。


and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2004-12-29 02:01 | The 69 Awards 2004
2004 Best Artist
a0026447_1454010.gif 「69グラミー賞」の3日目は「最優秀アーティスト」。近年はDVDの普及にともなって、音楽タイトルのリリースが増えたように思う。音楽と映像が切り離せられないMTV世代にとってはとても喜ばしいことだ。一方で、新作CDにDVDを付加したものが多くなったり、豪華なボックス・セットが発売されるなど単価が上昇してしまい、欲しいものを全部購入するにはキツイ状況である。この「最優秀アーティスト」の選考基準はアルバムリリースのみにとどまらず、DVDやボックスなどの企画モノ、来日やニュースなど、年間を通じて私を悩ませたアーティストを5組ノミネートしてみた。

a0026447_14543583.jpg■Aerosmith
新作「Honkin' On Bobo」をリリースしたと思えば、ロックオデッセイでの来日。おまけに過去のタイトルが紙ジャケで限定発売された。私は「限定」という言葉に弱いのである。
a0026447_14551162.jpg■The Eagles
「最後のツアー」での来日。行くかどうかで迷い、結局行かなかったことを今でも悔やんでいる。来日にあわせ、メンバーのソロを含む全タイトルも紙ジャケで完全復刻。
a0026447_14561747.jpg■Queen
TVドラマの効果によりクイーン旋風が席巻し、「Jewels」はミリオン達成。DVDでもカラオケを含めた4作品がリリースされ、ライヴ・エイドのDVD売り上げにも貢献したのではないだろうか。一番悩ませられたのは再結成のニュースだ。
a0026447_14565971.jpg■U2
新作アルバムの音源盗難・流出に加え、iPod U2エディション発売。新作「How To Dismantle An Atomic Bomb」には、輸入盤と合わせると6種類のヴァージョンがあり頭を悩ませた。
a0026447_14573450.jpg■The Who
歴史的な初来日が実現したものの、これも行かなかったのを悔やむ日々が続いた。2曲の新曲を含むシングルボックスや、DVD5作品、リイシューの嵐にお財布はパンク寸前。


and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2004-12-24 15:02 | The 69 Awards 2004
2004 Best New Commer
a0026447_19232849.gif チョー自己マン企画「69グラミー賞」の2日目は「最優秀新人アーティスト」。今年私が購入した新人バンドのアルバムは8枚。新人を振り返ってみるとその年の自分の音楽の趣向がわかるというものだ。昔から好きなバンドはいつまでも聴き続けるのに対し、新人は音楽ジャンルで選んでいる。私の場合は80年代のHR/HM、90年代前半はグランジ、90年代後半がUKロックといった感じだ。そして21世紀に入った最近は、クラシックなロックを演奏する新人バンドを好んでいる。ちなみに、今年購入した8枚をジャンルで分けると、HR系が3バンド、UK系が3バンド、ガレージ系が2バンドだった。それではノミネートした5作品を発表しよう。

a0026447_1925266.jpg■22-20s / 22-20s
UK出身の3ピースバンド、トゥエンティトゥ・トゥエンティーズ。UKらしからぬ骨太なブルーズロックは一発で気に入ったものの、バンド名を発声するのが面倒くさい。誰か良い短縮型を教えて欲しい。
a0026447_19255884.jpg■Kashmir / Zitilites
デンマーク出身の4人組バンド、カシミール。母国デンマークでのキャリアは10年だが、本作で日本デビュー。レディオヘッドやコールドプレイのような繊細なロックの中に、キャリアの豊富さが見隠れ。
a0026447_19263292.jpg■Silvertide / Show & Tell
フィラデルフィア出身の5人組、シルヴァータイド。メンバー全員が80年代生まれと若いながらも、音のほうは王道ハードロック。
a0026447_19272189.jpg■The Von Bondies / Pawn Shoppe Heart
デトロイト出身の男女2人づつの4人組、ヴォン・ボンディーズのメジャーデビューアルバム。いわゆるガレージ系だが、女性のバックヴォーカルが好きな私はもう虜。あのホワイト・ストライプスのジャックが起こした傷害事件、その相手でもある。
a0026447_1927587.jpg■Velvet Revolver / Contraband
元ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーを軸に、ストーン・テンプル・パイロッツのスコットをヴォーカルに迎えたバンド。「新人」といっても、メジャーリーグ一年目の松井やイチローみたいなものか。


and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2004-12-23 20:01 | The 69 Awards 2004
The 69 Grammy Awards
a0026447_0562527.gif 昨晩の記事で「今年も残り10日」とか書いてしまい、早速今年を振り返る「師走モード」に突入してしまった私。今朝もボーっとしながらこの一年間に私が購入したアルバムを振り返っていた。音楽雑誌でも「2004年ベストアルバム」といった特集を見かけるようになったこの季節。音楽で年間を振り返るといえばアメリカのグラミー賞が有名だが、発表は来年の2月である。生粋の日本人としてはやはり大晦日までに振り返りたい。そこで残り10日はいつもの記事をお休みして、私も個人的にこの一年を振り返ってみよう。題して「69グラミー賞」だ。

 普段このブログで紹介しているのはiPodがランダムに再生した新旧のアルバムだが、もちろん新作もお財布と相談した上で許す限りチェックしている。年間で購入したアルバム数は定かではないが、今年発表されたアルバムの数はiTunesを見れば一目瞭然だ。カウントしたところ、2004年のアルバムは32作品だった。今年に入ってブレイクしたマルーン5やフーバスタンクも今年のアルバムという印象が強いが、発売は2003年。混乱しないように選考対象は「2004年に発売された洋楽アルバム」としよう。また、私はシングルを購入しない派なので、グラミーの「最優秀レコード」と「最優秀楽曲」はひとつにまとめてしまう。つまり「69グラミー賞」は下記の主要4部門+1部門で考えてみることにした。

■最優秀アルバム
■最優秀曲
■最優秀アーティスト
■最優秀新人アーティスト
■最優秀アルバムジャケット

 まずはアルバムジャケット。「ジャケ買い」という言葉があらわすように、名作の条件のひとつに印象的なジャケットという要素があると思う。スコーピオンズのように発禁を恐れずインパクトを重視するものや、ロキシー・ミュージックのように芸術性の高いものなど様々だ。今年発売されたアルバムの中から、私が選んだ5枚をノミネートしてみた。

a0026447_0573898.jpg■Courtney Love / America's Sweetheart
日本盤のジャケットを手掛けたのは日本少女漫画界の女王、矢沢あい氏。ボブ・デイランのコンピ盤でジャケットを描いたみうらじゅん氏とは格が違うのである。

a0026447_058173.jpg■Franz Ferdinand / Franz Ferdinand
バンド名(タイトル同名)だけでありながら、一目見ると忘れられないのは何故だ。

a0026447_059340.jpg■Judas Priest / Metalogy
限定ボックスセットなので反則かもしれないが、革張り&スタッズという豪華な外装はまさにメタル・ゴッド。

a0026447_0593985.jpg■The Rolling Stones / Live Licks
女性がトップレスになっているものは初回限定で、再発盤からは水着着用。ビッチな感じはいかにもストーンズ。

a0026447_101645.jpg■Van Halen / The Best Of Both Worlds
赤色バックに白と黒のライン。もはや国旗です、これは。


and winner is...
[PR]
by velvet_iris | 2004-12-23 01:09 | The 69 Awards 2004