「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:V.A.( 9 )
Various Artists / Dragon Attack: A Tribute To Queen(1997)
a0026447_0474097.jpg 明日24日はフレディ・マーキュリーの命日です。フレディがこの世を去って14年目の今年、クイーンはポール・ロジャースをヴォーカルに据えて来日も果たしました。当ブログをご覧の方々の中には、さいたまスーパーアリーナまで足を運んだ方もいらっしゃるかもしれませんね。私はというと、9月にリリースされたライヴ盤を聴いて、お腹いっぱいになっちゃったので行きませんでした。たぶん、来日公演までに「Return Of The Champions」がリリースされなければ観に行ったかもしれません。

 今日紹介するアルバムはクイーンのトリビュート・アルバムです。しかし、ただのトリビュートじゃないです。参加ミュージシャンはHR/HMのアーティストだらけ。ギター・プレイヤーはイングヴェイ、マーティー・フリードマン、ジェイク・E・リー、クリス・インペリテリ、ジョン・ペトルーシ、ブルース・キューリックなどのテクニシャンに加え、大御所テッド・ニュージェントも参加しているという豪華さ。逆に、大抵この手のトリビュートはヴォーカルがショボイのですが、今回もショボイです(笑)。といってもM1「I Want It All」を唄うロビン・マッコーリーにはビックリします。声がフレディそのもの!MSGでもきれいなヴォーカルでしたが、フレディに似ていたとは気付きませんでした。このアルバムを聴くまでは、「フレディの代わりは、絶対ジョージ・マイケルしかいない!」と思っていたのですが、ロビン・マッコーリーも良いです。ほかにはM5「We Will Rock You」とM6「We Are The Champions」を唄うポール・ショーティノもなかなか良いです。変わりダネはM7「Tie Your Mother Down」を唄うモーター・ヘッドのレミー。しかもこの曲は、ギターをテッド・ニュージェントが弾いているので浮きまくってます(笑)。ほかにはグレン・ヒューズやマーク・スローター、ジェームス・ラブリエ、ジェフ・スコット・ソートなど、トリビュート・アルバムには欠かせない(?)お馴染みの面々です。で、ギター・プレイで印象的なのはM2「Sheer Heart Attack」をアグレッシヴに弾く、マーティ・フリードメーーン!M9「Keep Yourself Alive」で個性まるだしのイングヴェイ。M11「It's Late」でのスコット・イアン(アンスラックス)のカッティングもナカナカです。けれどやっぱり笑えるのは「I Want It All」のクリス・インペリテリかな。選曲のほうもなかなか良くて、まあまあ楽しめるアルバムなんですが、やはり「Bohemian Rhapsody」は収録されていません。個人的にはツェッペリンの「Stairway To Heaven」と並び、“カヴァーしてほしくない曲”のひとつで、オリジナルこそが完璧な曲だと思っています。確かにあの曲、とくにオペラ・パートを唄える人はなかなかいませんよね。ポール・ロジャースもテープのフレディに頼っていましたし。

 13歳の頃「The Works」でクイーンを初めて聴いてから、20年以上クイーンを聴いてきている私ですが、フレディ以外のメンバーにはほとんど興味はありませんでした。まず曲が好きで、次にフレディのパフォーマンスが好きなのは今も変わらず。フレディ亡き後、残された曲を聴くか、カヴァーを聴くか。その程度の楽しみしか残っていません。クイーン+ポール・ロジャースへの興味も「ポールが歌うとどうなるだろう」この一点だけ。なので、“CDでお腹いっぱい”になっちゃったのです。
[PR]
by velvet_iris | 2005-11-24 00:41 | V.A.
Various Artists / Streets Of Fire(1984)
a0026447_19455538.jpg iPodでシャッフル再生をさせて音楽を聴くようになると、普段聴かないジャンルの曲が流れてきて戸惑う経験はないだろうか。「こんなの買った記憶がない。もしかして記憶喪失になった? それとも別人格のときに買ったか?」と心配になる事がよくあるが、私の場合そんなときは大抵、映画のサントラ盤に収録されていた曲だったりする。目当ての曲を聴きたいためだけに買ったので、いつまで経ってもその他の収録曲を自発的に聴こうとしない。以前ならそのまま忘れてしまうが、最近はiPodがシャッフル再生して思い出させてくれる。

 今日iPodがシャッフル再生したのはドゥワップ調のアカペラから始まる曲だった。私はほとんどR&Bやソウル・ミュージックを聴かないので、そっち系のアルバムは持っていない。しばらくは「何の映画サントラだろう?」と考えていたが、さっぱり思いつかないので表示画面を見ると「ストリート・オブ・ファイヤー」のサントラだった。1984年のウォルター・ヒル監督作品である。ダイアン・レイン演ずるロックシンガーがヒロインで、無骨な一匹狼のヒーローはマイケル・パレ。勧善懲悪の見本のようなストーリーで、無茶苦茶カッコイイ映画だった。役柄上、クラブでの演奏シーンが満載なのでサントラも劇中で使用されたヴォーカル入りの10曲が収録されている。私のお目当てはマリア・マッキーの歌うM7「Never Be You」だったが、それ以外にもダン・ハートマンのM8「I Can Dream About You」やライ・クーダーの曲も収録されていて悪くない。しかし、この映画で思い出す曲は「今夜は青春」という邦題も付いたM6「Tonight Is What It Means To Be Young」だろう。たしか日本語詞カヴァーが大映ドラマの主題歌となりヒットしたはずだ。この曲をサントラで歌うのはファイヤー・インクというグループ。つまり劇中でのダイアン・レインは吹き替えだったのである。

 先日婚約を発表したウッチャンもこの作品が大好きらしい。たしかに男の子にウケの良い映画だ。私も中学生の頃に観てマイケル・パレに惚れぼれした覚えがある。ダイアン・レインもさぞかし若かったんだろうなあと思うと久しぶりに観たくなったので、帰りがけにレンタルショップへ寄ったら置いてなかった。帰宅してアマゾンで調べたら“在庫切れ”になっている。廃盤にでもなったのだろうか。廃盤になると悪い奴らはレンタル品を狙うんだよなあ(泣)。
[PR]
by velvet_iris | 2005-03-27 19:58 | V.A.
V.A. / The Rolling Stone Women In Rock Collection(1998)
a0026447_18344266.jpg 私は雑誌が好きだ。小学生のころ読み続けていたのはマンガ誌だが、マンガ以外で雑誌を買いはじめたのは何だろうと思い出してみた。20年以上も前なので曖昧だが、たぶん「ポパイ」とか「ホットドッグ・プレス」だろう。やがてオシャレに目覚めた頃はDCブランド全盛時代だったので、「チェックメイト」やら創刊されたばかりの「メンズノンノ」を読んでいた。音楽誌では、ひとつ年上の兄が毎月「BURRN!」を購入してくれていたおかげで私は「ミュージック・ライフ」や「インロック」「ポップ・ギア」をその月の気分で購入していた。ギターを弾きはじめてからは「ヤング・ギター」「ギター・マガジン」「Player」なども加わったので、狭い部屋には雑誌が山積みになっていたものだ。

 やがて好きなアーティストが見つかるとその情報を得るために洋書へ走ってしまうのだが、よく購入していたのが「Kerrang!」と「RollingStone」である。今朝iPodが再生したアルバムはローリング・ストーン誌の名を冠したコンピレーションで、50年代から90年代のあらゆるジャンルで活躍した女性アーティストの曲が全48曲、3枚のCDに収められている。アレサ・フランクリン、ダイアナ・ロス、キャロル・キング、リンダ・ロンシュタット、ドナ・サマー、プリテンダーズ、ジョーン・ジェット、ティナ・ターナー、チャカ・カーン、ユーリズミックス、バングルス、マドンナ、サラ・マクラクラン等、豪華絢爛のアルバムである。購入した当時は一作品でこれだけのアーティストが聴けるアルバムは貴重だったが、iTunes+iPodが発表されてからは有り難みがなくなってしまった。

 現在は雑誌を毎月購入することもなくなり、音楽誌でも「rockin' on」と「BURRN!」をたまに買う程度だ。捨てられずに保管してある雑誌はMac誌をはじめ仕事関連の雑誌の方が多い。ファッション誌が一冊も見当たらないところは既にオヤジ化している証拠だろうか。
[PR]
by velvet_iris | 2005-02-13 18:45 | V.A.
Various Artists / Almost Famous(2001)
a0026447_13362184.jpg ロックを題材にした映画は多い。ただ、作品として楽しめるものは少ないような気がする。ミュージシャン本人が出演する作品はファン以外も楽しめる内容とは言い難い。実在したアーティストの生涯を描いた「ドアーズ」や「シド・アンド・ナンシー」などのドキュメンタリー的な作品も、既にストーリーを知っていることが多く、個人的にはむしろフィクションのほうが楽しめる。「スティル・クレイジー」や「ロック・スター」などだ。最近では「スクール・オブ・ロック」もとても楽しかった。

 今朝iPodが再生したのは、2001年に公開された映画「あの頃ペニー・レインと」のサウンドトラック。トム・クルーズ主演の「ザ・エージェント」(1996・アメリカ)などで知られる、キャメロン・クロウが製作、監督、脚本した自身の自叙伝的な作品である。私は知らなかったのだが、キャメロン・クロウという人は16歳でローリング・ストーン誌のスタッフとなり、有名アーティストの記事を書いていたらしい。この作品はその頃の体験をもとにして作られており、劇中には70年代のロックが満載だ。アーティスト本人の出演こそないが実名や音楽が目白押しなので、ロックファンは楽しめると思う。とくに主人公が姉から譲り受けたレコードを手に取るシーンでは、数々のロックの名盤のジャケットが映し出されるたびに嬉しくなってしまった。フーの「Tommy」に添えられた主人公の姉からのメッセージ「ロウソクをつけてこのレコードを聴くと世界が変わるわ」にも思わず共感。良い映画だったと思う。

 最後にネットで拾った情報として劇中のエピソードのモデルとなったアーティストを挙げておこう。すでに映画を観終わっているかたはクスッと笑えるかもしれない。

 ◆ スティル・ウォーターのモデルはオールマン・ブラザーズ・バンド
 ◆ スティル・ウォーターのヴォーカルのキャラはイーグルスのグレン・フライ
 ◆ ラッセルが屋根に登って叫んだ「オレは黄金の神だ!」というセリフはロバート・プラント
 ◆ 実際に飛行機で墜落しそうになったときのバンドはフー

 ■ 映画・収録曲の詳細はコチラ
[PR]
by velvet_iris | 2004-10-26 14:16 | V.A.
Various Artists / Days Of Thunder(1990)
a0026447_15312138.jpg 今朝の1曲目はガンズ・アンド・ローゼズの「天国への扉」。スタジオヴァージョンなので、アルバムは「Use Your Illusion」か「Greatest Hits」のどちらだろうとiPodのデイスプレイを見ると、そこに表示されていたのは「Days Of Thunder」だった。つまり、トム・クルーズ主演の映画「デイズ・オブ・サンダー」のサウンドトラックである。

 映画のサウンドトラックにGN'Rの曲が使用されると知ったのは1989年頃だろうか。当時のGN'Rは「Use Your Illusion」の制作中で、ファンは首を長くして発売を待っていた。それでもなかなか発売してくれないので、焦れていたころにニュースを知ったのだ。残念ながら既知の曲だったので、目当てはジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツと、シェールだった。ジョーンの曲は、いかにも彼等らしいR&Rナンバーだし、シェールの曲は、当時交際中だったボン・ジョヴィのリッチー・サンボラの書いた“ボン・ジョヴィらしい”キャッチーな曲だ。収録曲は下記のとおり。

 M1「The Last Note Of Freedom」デビッド・カヴァーデール
 M2「Deal For Life」ジョン・ウェイト
 M3「Break Through The Barrier」ティナ・ターナー
 M4「Hearts In Trouble」シカゴ
 M5「Trail Of Broken Hearts」シェール
 M6「Knockin' On Heaven's Door」ガンズ・アンド・ローゼズ
 M7「You Gotta Love Someone」エルトン・ジョン
 M8「Show Me Heaven」マリア・マッキー
 M9「Thunder Box」アポロ・スマイル
 M10「Long Live The Night」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
 M11「Gimme Some Lovein'」テリー・リード

 今になってみると、参加メンバーもバラエティに富んでいるし、全11曲中、9曲が映画のために書かれたオリジナルというのは結構良い買い物だったかもしれない。アルバムライナーによれば、このサントラからの第1弾シングルは、シカゴの「Hearts In Trouble」らしいのだが、いくら聴いても映画の印象が蘇ってこない。何故だろうと考えていたら、この映画を観ていないことに気が付いた。あはは。
[PR]
by velvet_iris | 2004-08-20 15:30 | V.A.
Various Artists / Bob Dylan The 30th Anniversary Concert Celebration(1993)
a0026447_14542583.jpg 1992年10月、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれた「ボブ・ディラン30周年記念コンサート」の模様を収めた2枚組のライヴ盤。このコンサートは、ディランを祝うために大勢のアーティストが一堂に集まり、全米にTV中継されたそうで、アルバムにはディラン本人を含む総勢28組のアーティストの演奏が収録されている。

 エリック・クラプトンをはじめ、ジョージ・ハリスン、ルー・リードなど、豪華なメンバーがディランの曲を演奏しているのだが、オリジナルに忠実な者もいれば、まるで自分の曲のようにアレンジをガラリと変えている者もあり、聴いていて飽きない。また、MCを多く収録していることも面白い。スティービー・ワンダーが1-M3「Blowin' In The Wind(風に吹かれて)」を歌う前の2分近いメッセージも、ついつい聞き入ってしまう。その他にも、ジョニー・ウインターが1-M11「Highway 61 Revisited」で聴かせるスライドギターや、ロン・ウッドの1-M12「Seven Days」でのしわがれ声など、聴きどころ満載だ。

 2枚目の最後にようやく登場したディランは、2-M11「It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)」と2-M12「My Back Pages」を淡々と歌い、全員参加の2-M13「Knockin' On Heaven's Door(天国への扉)」でクライマックスを迎える。TV中継はここで終了したらしいのだが、CDにはアンコールの2-M14「Girl Of The North Country(北国の少女)」も収録されている。ちなみに、国内盤のライナーには、ボブ・ディランの大ファンとして有名な、みうらじゅん氏が解説を寄せているが、愛情のこもった文章を書いているのには感心したものだ。

 ■ みうらじゅん氏の「俺コン」はコチラ(InterNet ASCII)
   名曲「カリフォルニアの青いバカ」のダウンロードができます
[PR]
by velvet_iris | 2004-08-19 15:16 | V.A.
Various Artists / I Am Sam(2002)
a0026447_11402832.jpg 2002年に公開された映画「アイ・アム・サム」のサウンドトラック。ショーン・ペン演じる主人公はビートルズファンという設定でもあり、サントラは全てビートルズのカヴァーとなっている。シェリル・クロウをはじめ、世界各国からジャンルを超えた有名無名アーティストが参加しており、選曲は、以前当ブログで紹介した「The Beatles 1」に含まれるようなヒット曲ばかりではないが、それがまた渋いでのである。

 ショーン・ペンの兄夫婦による、M1「Two Of Us」はイントロからゴキゲンになるし、今年23歳のハウイ・デイ(私は未知だった)のM14「Help!」も、アコースティックになっていて面白い。きっと、ビートルズファンでも、カヴァーしているアーティスト目当てでも、また、どっちでもない映画ファンでも楽しめるアルバムではないだろうか。アコースティックな優しいアレンジが多いので、リラックスして聴ける一枚だと思う。

 私にとっての難点は、街中でこのサントラを聴くと、映画を思い出してスターバックスコーヒーが飲みたくなることくらいだ。喫煙者の私にとって真夏と真冬のテラス席は拷問である。

 ■ アルバムの詳細はコチラ
[PR]
by velvet_iris | 2004-08-09 11:42 | V.A.
Various Artists / Tribute To Ozzy(2000)
a0026447_163719.jpg バイク事故での再起不能説はどこへやら、きっと三途の川で「お前は天国に来るな!」と追い返されたに違いない“帝王”オジー・オズボーンへのトリビュート・アルバム。

 今の若い世代にとっては“ケリーの親父”くらいの認識かもしれないが、往年のHR/HMファン・ミュージシャンにしてみれば“唯一無二のカリスマ”であるオジー。生きてるうちからトリビュートされまくりである。このアルバムでは、バンド単位ではなく、セッションのように様々なアーティストが参加しており、HR/HMファンにはたまらない構成となっている。特にギター・プレイヤーを挙げると、

 ・イングヴェイ(最近太り過ぎだろ!)
 ・ブラッド・ギルス(ネバっこい音でおなじみ)
 ・リッチー・コンツェン(加入バンドが解散してしまう運命の持ち主)
 ・ダグ・アルドリッチ(地味)
 ・ドウィージル・ザッパ(天才フランク・ザッパの息子)
 ・スティーヴ・ルカサー(まだ47歳)
 ・ブルース・キューリック(KISSに戻れば?)
 ・ポール・ギルバート(仕事の幅広げ過ぎ)
 ・ジョージ・リンチ(迷彩好き)
 ・ピーター・パーディチッズィ(誰だチミは)
 ・レブ・ビーチ(パーマをかけたまえ!)

 という豪華な顔ぶれだ。ギター・プレイで特に印象に残るのはM6「Hellraiser」のスティーヴ・ルカサー。TOTOではあまり聴けないハードな弾きっぷりを披露している。イングヴェイに関しては何も言うまい…。

 異色なのは、M5「Goodbye To Romance」にヴォーカルで参加している“メガネっ子”リサ・ローブ。この曲は着メロにするほど大好きな曲だが、女の子が歌うのも心地よいものだ。ちなみに誕生日が私と同じということを知り、妙な親近感を抱いてしまい、彼女のアルバムも聴くようになりました(笑)。

 ■ アルバムの詳細はコチラ
 ■ リサの歌う「Goodbye To Romance」はコチラ(要Real Player)
[PR]
by velvet_iris | 2004-07-05 15:06 | V.A.
Various Artists / Hedwig And The Angry Inch(2001)
a0026447_184918.jpg 映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のサントラ盤。私は映画を観たあとにサントラを購入したのですが、観てない人でも充分楽しめるアルバムです。

 もともとオフ・ブロードウェイのミュージカルを映画化したのことで、全てオリジナルの曲なのは不思議ではありませんが、演奏自体も出演キャストというので驚きました。しかし、ライナーノーツを読んでみて納得。「チーターズ」というバンドメンバー自身が劇中で演技をしていたそうです。

 収録されている曲はバラエティに富んでいます。Sex Pistolsを連想させるパンクナンバーM3「Angry Inch」や、ビリー・ジョエル風なポップスM5「Wig In A Box」、カントリーっぽいM11「Sugar Daddy」など、“〜っぽい”という曲ばかりですが全てオリジナルです。もちろんこのアルバムでしか聴けません。

 映画自体も面白く、優しい気持ちになれました。「観てなくても楽しめる」と先に書きましたが、聴いたなら是非観てください。観たなら是非聴いてください。きっと更に楽しめると思いますよ。
[PR]
by velvet_iris | 2004-06-13 18:50 | V.A.