2007年 11月 07日 ( 1 )
予習復習☆いろいろ
いやー、早いもので今月末にはヴェルヴェット・リヴォルヴァーの来日公演ですよ。
私は30日の武道館チケットをイープラスの先行でゲットしたんですが、到着したチケットの席は残念ながら一階スタンドでした。
関係者席に近いので、ライヴが始まるまでは「セーソク探し」でもしてようかなと。

で、今回のツアーや夏に参加したフェスの音源(もちろん非公式)を聴く限り、カヴァー曲を多くプレイしているようです。
最新アルバム「Libertad」でもE.L.O.の“見果てぬ想い”が収録されてましたが、ライヴでは違う曲もプレイしています。
ということで、予習がてら聴いておきたい5枚のアルバムを紹介しておきます。
予備知識を全く入れないでライヴに臨みたい、という人は読まないでくださいね。


■ Talking Heads / Talking Heads: 77(1977)
a0026447_123367.jpg奇才、デヴィッド・バーン率いるトーキング・ヘッズのデビュー・アルバム。
名盤の誉れ高い4thに比べるとシンプルな曲が多いなか、M10“Psycho Killer”のフックは強烈。
ヴェルヴェット・リヴォルヴァーはこの曲をカヴァーしてEPに収録。さらに最近のライヴでは毎回のようにプレイしています。


■ Pink Floyd / Wish You Were Here(1975)
a0026447_1244453.jpgピンク・フロイドが「狂気」に続いて発表した「炎」。
アルバム・タイトルでもあるM4“Wish You Were Here”は脱退したシド・バレットに捧げたとも言われる、ピンク・フロイドの代表曲のひとつ。
最近のライヴでは“Set Me Free”の前後にこの曲をプレイしているようです。


■ Stone Temple Pilots / Core(1992)
a0026447_125198.jpgご存じ、スコットが在籍していたストーン・テンプル・パイロッツのデビュー・アルバム。
M2“Sex Type Thing”M11“Crackerman”は、前回の来日公演でもプレイされました。
今回のツアーではガンズの“It's So Easy”→“Sex Type Thing”という流れで聴けるかもしれません。


■ Stone Temple Pilots / Purple(1994)
a0026447_1255587.jpg「Core」に続く2ndであり、個人的にはストテンの最高傑作。
M2“Vasoline”は当時ヘビロテだったので、ストテンを聴いてなかった人でも耳にしたことがあるかも。
今回のツアーでは、“Vasoline”→“Fall To Pieces”という鳥肌モノのセット・リストが定番のようです。


■ Guns N' Roses / Appetite For Destruction(1987)
a0026447_126299.jpgファンには説明不要のアルバムですね。
今回のツアーでも「GN'R Lies」収録の“Used Love Her”と並び、M2“It's So Easy”とM5“Mr. Brownstone”の三曲がプレイされる確率は高いです。いや、鉄板だと考えていいでしょう。
アンコール一発目に“Mr. Brownstone”をやられた日にゃ、アナタ(笑)。


んー、セット・リストを予想するだけでワクワクします(笑)。
でもヴェルヴェット・リヴォルヴァーの前、今週の金曜に観に行くラット/ウインガーは予習・復習ナシ。
「お前だれ? 何組だっけ? あの曲って1stだっけ? なんてタイトルだったっけ?」という同窓会スタンスで臨みます(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-11-07 01:32