2005年 02月 04日 ( 1 )
Karen Carpenter(1950−1983)
a0026447_227739.jpgカーペンターズ。

1983年2月4日、自宅で病死。
享年32歳。

原因は拒食症に伴う急性心不全。

光あるところ影がある。眩しい笑顔に輝く白い歯、仲の良い家族。カーペンターズは「健全なアメリカ」の象徴のように捉えられていたが、現実は兄リチャードの睡眠薬中毒や母親との軋轢など様々な問題を抱えていた。

カレン自身も極端な肥満への恐怖心があり、過度のダイエットと精神的ストレスから拒食症になってしまった。身長163cmのカレンは23歳頃からダイエットを始めるが、2年後に拒食症で倒れてしまう。一時は体重36kgまで痩せ細ってしまいながらも拒食症の治療を始め、回復に向かっていると思われた「Voice Of The Heart」(1983)の制作中に病状が悪化、帰らぬ人となってしまう。3年前に結婚したばかりのことだった。

ちなみにラストテイクは1曲目の「Now」だといわれている。体調が万全ではなく“仮唄”の段階だったとのことだが、それを感じさせない完璧なヴォーカルには驚かされる。是非一度聴いてみて欲しい。
[PR]
by velvet_iris | 2005-02-04 02:29 | R.I.P.