Warrant / Dirty Rotten Filthy Stinking Rich(1989)
a0026447_11111156.jpg ポイズンと並び“軟弱メタル”と揶揄されることも多かったウォレントのデビューアルバムで、邦題は「マネーゲーム」。当時はガンズ・アンド・ローゼズに代表される“バッドボーイズ”的なバンドが台頭してきた頃で、このバンドのような「爽やかなコーラスワーク」「キャッチーなパーティソング」「狙い撃ちバラード」を武器にしたバンドは、どうも“女子供の聴くバンド”といったイメージが蔓延していたような気がする。実際、メンバー全員真っ白な衣装という“王子様”的なヴィジュアルは女性受けが良かった。

 私の周囲でも「ウォレントが好きだ!」と公言する者は皆無だったが、みんなGN'R以前はナイト・レンジャーやジャーニーを聴いてきたクチである。家に帰って独りになれば、きっと「Heaven」を聴いていたに違いない。事実、M8「Heaven」は全米シングル2位を獲得した名曲で、つい最近も女性アーティストがカヴァーしていた記憶がある。ほとんどの作曲はヴォーカルのジェイニー・レインが担当しているというのだから、(それが本当だとすると)ニヤケ顔に似合わず非凡なメロディメイカーである。もし、デビューがあと5年早ければ、ボン・ジョヴィに匹敵するほどのスーパーバンドに化けたかも知れない。

 ウォレントは翌年、2ndアルバム「いけないチェリーパイ」で絶頂期を迎えるものの、今度はグランジブームの影響か、それ以降のヒットは無くなってしまった。どうやら、何度かのメンバー交代を繰り返したのち、現在はヴォーカル以外のオリジナルメンバーが復帰したらしい。ジェイニーはソロで活動中とのこと。それをインターネットで調べていると、「バンド名の由来は、メンバーがウォーレン・デ・マルティーニのファンだったから」というのを発見してしまった。15年目にして初耳である(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2004-08-31 11:11 | W/X/Y/Z
<< Ozzy Osbourne /... Led Zeppelin / ... >>