Primal Scream / Screamadelica(1991)
a0026447_13493280.jpg プライマル・スクリームが1991年に発表した3rdアルバム。私が最初にプライマルを聴いたのは、4thアルバムの「Give Out But Don't Give Up」(1994)だ。ロッド・スチュワートがカヴァーした「Rocks」に代表されるような、シンプルなロックに惚れて本作も購入したので、最初に聴いたときは「失敗した、金返せ!」と感じたのを思い出す。

 4作目がストーンズばりのロックンロールアルバムであるのに対し、本作ではロック色が薄い。かぎりなく透明に近いと思う。購入当時「ロックとハウス・ミュージックの融合」みたいなコピーがあったと思うが、4作目のイメージが強かったので、迷わず購入した。しかし、ハウスとかダンスミュージックが苦手な私にはダメだった。というよりは拷問に近かった。まともに聴けたのはM1「Movin' On Up」とM8「Damaged」だけ。それでも、さすがに10年も経つと少しは体質改善されているようで、M4「Higher Than The Sun」くらいは平気になってきたけれど、このアルバムを最後にプライマルのアルバムは聴いていない。

 今になってみれば、いつの間にかプライマルも伝説的なバンド扱いされているし、4作目については酷評も多い。しかも、本作の評価はずば抜けて高く「ロックファンに踊ることを教えたアルバム」と言われているが、私は今でもこのアルバムでは踊れない。聴き込みが足りないのかな。でも、ジョーン・ジェットなら自然に腰が動くよ。
[PR]
by velvet_iris | 2004-08-27 13:50 | P/Q/R/S
<< Alice Cooper / ... Stevie Ray Vaug... >>