Various Artists / Days Of Thunder(1990)
a0026447_15312138.jpg 今朝の1曲目はガンズ・アンド・ローゼズの「天国への扉」。スタジオヴァージョンなので、アルバムは「Use Your Illusion」か「Greatest Hits」のどちらだろうとiPodのデイスプレイを見ると、そこに表示されていたのは「Days Of Thunder」だった。つまり、トム・クルーズ主演の映画「デイズ・オブ・サンダー」のサウンドトラックである。

 映画のサウンドトラックにGN'Rの曲が使用されると知ったのは1989年頃だろうか。当時のGN'Rは「Use Your Illusion」の制作中で、ファンは首を長くして発売を待っていた。それでもなかなか発売してくれないので、焦れていたころにニュースを知ったのだ。残念ながら既知の曲だったので、目当てはジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツと、シェールだった。ジョーンの曲は、いかにも彼等らしいR&Rナンバーだし、シェールの曲は、当時交際中だったボン・ジョヴィのリッチー・サンボラの書いた“ボン・ジョヴィらしい”キャッチーな曲だ。収録曲は下記のとおり。

 M1「The Last Note Of Freedom」デビッド・カヴァーデール
 M2「Deal For Life」ジョン・ウェイト
 M3「Break Through The Barrier」ティナ・ターナー
 M4「Hearts In Trouble」シカゴ
 M5「Trail Of Broken Hearts」シェール
 M6「Knockin' On Heaven's Door」ガンズ・アンド・ローゼズ
 M7「You Gotta Love Someone」エルトン・ジョン
 M8「Show Me Heaven」マリア・マッキー
 M9「Thunder Box」アポロ・スマイル
 M10「Long Live The Night」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
 M11「Gimme Some Lovein'」テリー・リード

 今になってみると、参加メンバーもバラエティに富んでいるし、全11曲中、9曲が映画のために書かれたオリジナルというのは結構良い買い物だったかもしれない。アルバムライナーによれば、このサントラからの第1弾シングルは、シカゴの「Hearts In Trouble」らしいのだが、いくら聴いても映画の印象が蘇ってこない。何故だろうと考えていたら、この映画を観ていないことに気が付いた。あはは。
[PR]
by velvet_iris | 2004-08-20 15:30 | V.A.
<< The Hives / You... Various Artists... >>