Ozzy Osbourne / The Ultimate Sin(1986)
a0026447_15145931.jpg 邦題「罪と罰」。オジー・オズボーン・バンドとしては4作目となり、ギターは前作同様ジェイク・E・リー。ただし、リズム隊はフィル・スーザン(b)、ランディ・カスティロ(ds)にメンバーチェンジされた。

 そのランディ・カスティロのドラミングから始まるM1「The Ultimate Sin」、そしてM2「Secret Loser」や、「暗闇にドッキリ!」なんていう妙な邦題のM9「Shot In The Dark」は、のちのベスト盤に収録されるほど、この時期のバンドサウンドの代表的な曲である。当時はLAメタル全盛期で、以前よりもキャッチーになったこのアルバムを物足りないと思う古くからのファンも多いようだが、私は前作でオジー・デビューしたので、このアルバムも当然のように夢中になった。ジェイクのギタープレイは今聴いても、私を15歳の頃にタイムスリップさせてくれるし、ミィディアムテンポの曲が多く、ランディ・カスティロのドラムが、より印象に残るアルバムだと思う。

 また、この頃はヴィジュアル面でも華やかだった。オジーの髪は鮮やかなブロンドだったし、ステージアクションはジェイクが歴代一派手だっだと思う。“威勢のいいアパッチ”ことランディ・カスティロも、スティックをグルグル回したり、手の平でシンバルを叩いたりと元気だったが、2年前、癌により51歳という若さでこの世を去っている。

 ランディ・カスティロのサイトでは、オジーをはじめ大勢のミュージシャンからの追悼メッセージが掲載されており、オジーも「ランディ、あの世で会おう」とコメントを寄せているが、ランディというメンバーを二度も失ったことは、さぞかし辛かっただろう。

 ■ ランディ・カスティロのサイトはコチラ
© SONY MUSIC ENTERTAINMENT INC.

[PR]
by velvet_iris | 2004-08-12 15:18 | M/N/O
<< Iggy Pop / Blah... Cocco / ブーゲンビリア... >>