The 69 Awards 2006: ソング・オブ・ザ・イヤー
a0026447_1495895.gif69アワード2006、4日目は「ソング・オブ・ザ・イヤー」。
アルバムとしては大したことなくても一曲くらいは好きな曲があったり、好きな曲だらけのアルバムがあったりと、じつはアルバムを選ぶよりも、曲を選ぶほうが大変です。
本当は5曲どころじゃ済まないんですが、とりあえず選んでみました。

■ Joan Jett & The Blackhearts /A.C.D.C.
a0026447_1504742.jpg70年代の英バンド、スウィートのロックンロール・ナンバーをジョーン・ジェットがカヴァー。ライティングはスージー・クアトロで知られるニッキー・チン/マイク・チャップマン。オリジナルは未聴ですが、きっとジョーンのほうが勝ってるでしょう。ブラックハーツの演奏もタイト。個人的にはこの十年の彼女のベストトラックです。アルバム「Sinner」に収録。


■ Johnny Boy / You Are The Generation That Bought More Shoes And You Get What You Deserve
a0026447_1512373.jpg2004年のUKで“UK音楽史50年間の美学”と大絶賛された伝説のシングルが、アルバム収録されて日本でもリリース。キラキラした感じで気分上々になるポップスです。「イェイ、イェイ!」と連呼される曲というのは“コンピューターおばあちゃん”をはじめノリの良い名曲が多いですね。2年経ってもまだまだ色褪せてません。アルバム「Johnny Boy」に収録。


■ KT Tunstall / Black Horse And The Cherry Tree
a0026447_152852.jpgマイクを通した音声をループさせる「ループペダル」を最大限に活用した曲。 曲の時間は2分52秒とラモーンズなみの短さなので、何度もループさせて聴いていたい曲です。ちなみに輸入盤「KT Tunstall's Acoustic Extrabaganza」のおまけDVDを観ればループペダルの楽しさが一目瞭然。デビューアルバム「Eye To The Telescope」に収録。


■ Red Hot Chili Peppers / Dani California
a0026447_1524074.jpgなぜか邦画「デスノート」の主題歌にも使われ(しつこいかw)、テレビでも散々流れました。そのためかレッチリの曲としては聴きやすいんですが、メンバー個々の“らしさ”もしっかり健在という奇跡的な曲。オレンジレンジやB'zなど下手な日本語ライムにはうんざりですが、この曲のライムはむちゃくちゃカッコイイ。アルバム「Stadium Arcadium」に収録。


■ Stone Sour / 30/30-150
a0026447_1531498.jpg「サーティー・サーティー・ワンフィフティー」と発音するアルバムのオープニングを飾るヘヴィな曲。この17年間、私が気合いを入れたいときに聴く曲第1位はモトリー・クルーの“Kickstart My Heart”だったのですが、その曲に取って替わる曲となりました。やはりロックは気合いデス! アルバム「Come What (Ever) May」に収録。





69アワード2006「ソング・オブ・ザ・イヤー」は、
ジョーン・ジェット&ブラックハーツの“A.C.D.C.”です。
a0026447_1542549.jpg

アメリカではワープド・ツアーをはじめ精力的にドサ回りを行なっている彼女ですが、アメリカ国内におけるアルバムリリースは12年ぶりとなった「Sinner」。
久しぶりにPVも制作されたこの曲は、YouTubeをはじめいろんなところで見かけます。
年齢を重ねてバラードに走ることなく、あいかわらずロックンロールしているこの曲は全てのロック・ファンに聴いて欲しいナンバーです。

もちろんこの5曲以外にも好きな曲は多くありました。
レッチリは“Snow (Hey Oh)”も良かったし、ストーン・サワーは“Through Glass”や“Zzyzx Rd.”と迷ったぐらい。
「現代のボヘミアン・ラプソディ」とも評されたマイ・ケミカル・ロマンスの“Welcome To The Black Parade”も中毒性があって何度も聴きたくなります。
メタル/ヘヴィロック関連ではロブ・ゾンビの“Foxy Foxy”も捨てがたいなあ。
サラ・マクラクランの“River”も今年に入ってからもまだ聴いてるし、唯一の日本代表Coccoだって“愛うらら”や“流星群”もノミネートするか迷いました。
モーニングウッドにハマったきっかけの“Nth Degree”も、まるでバグルスの“Video Killed Radio Star”を連想させるポップさで、夏頃からの「マイ80年代ブーム」のきっかけになりました。
ホワイト・ストライプス唯一の2006年リリース曲“Walking With A Ghost”も、ラカンターズの11曲がかすんじゃうほどカッコ良かったし…

…朝までかかっちゃいそうなので寝マス大山(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2007-02-05 02:04 | The 69 Awards 2006
<< ニュース☆いろいろ ALIVE >>