「ほっ」と。キャンペーン
The 69 Awards 2006: アーティスト・オブ・ザ・イヤー
a0026447_19543293.gif69アワード二日目は「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」。
アルバムリリースに限らず、企画盤、来日公演やニュースなどで私の心をわし掴みにしたアーティストの中から、年間を通して最も注目させられたアーティストを選びます。
ノミネートは下記の5アーティストです。

■ Cocco
a0026447_19552055.jpg2月に5年ぶりとなるシングル「音速パンチ」で本格復帰。4月からは毎日新聞でコラムの連載もスタート。5月のシングルに続き、6月にはアルバムもリリース。7月からはツアーもスタートし、8月の「ROCK IN JAPAN FES.」ではトリを務めました。雑誌やテレビにも精力的に登場し、なんと写真集まで発売に。年末には日刊スポーツが「紅白出場内定」という記事を掲載しましたが、結局ガセネタでした(笑)。


■ Guns N' Roses
a0026447_19564129.jpg1月にRolling Stone誌のインタビューを受けたアクセル・ローズが「今年中には音を聴けるだろう」とコメントしたことから、15年間待ちに待たされた新作「Chinese Democracy」のリリースに世界中のファンが注目しました。その後もアクセル本人が年内リリースを匂わせる発言を繰り返しましたが、結局は2007年に先送りとなりました。


■ Red Hot Chili Peppers
a0026447_19572178.jpg5月にリリースしたダブル・アルバム「Stadium Arcadium」が世界中で大ヒット。キャリア23年目にして初のビルボードNo.1を獲得しました。日本でもシングル“Dani California”がなぜか邦画「デスノート」の主題歌に使用され、テレビやラジオで散々聴くハメに。トリを務めた夏のフジロックのステージもいろんなブログで話題に。Mステでタモさんとの共演も実現しました。


■ The Rolling Stones
a0026447_1958074.jpg2月のリオで130万人を動員するフリー・コンサートを行なった勢いそのままに3月に来日。初の札幌公演や巨大なセット、高額なゴールデン・サークル席も話題になりました。その後は初の中国本土での公演も実現。一方でキースの手術、ロニーのアルコール問題やミックの咽頭炎など健康面を心配させるニュースもありました。また、突然出回ったブートDVD「NAKED film」にファンは驚愕しました。


■ U2
a0026447_19583422.jpg8年ぶりの来日決定発表があったのが1月。しかし予定されていた4月の日産スタジアム公演がキャンセルされ、振替公演の日程がいつになるのかソワソワしっぱなしでした。2月には「How To Dismantle An Atomic Bomb」で6個目のグラミーを獲得。御意見番的な存在になりつつあるボノは音楽業界だけにとどまらず、12月の来日では安倍首相とも会談。ボノの今後がちょっと心配です(笑)。






69アワード「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は、
Guns N' Roses、というかアクセル・ローズです(笑)。
a0026447_1959512.jpg

1月の発言以来、バンドの公式サイトやゲフィンのサイトを週イチくらいのペースでチェックしていました。
ていうかチェックせずにはいられない(笑)。
日本の雑誌CROSSBEATやBURRN!も久しぶりにアクセルを表紙に登場させていましたね。
バンドはアルバム・リリースに先駆けて断続的にショウを行なっていますが、イジー・ストラドリンや元スキッド・ロウのセバスチャンが参加したりと話題に事欠きませんでした。
また、ショウが始まればブートレグ業界が活性化するわけで、私の西新宿巡りが再燃。かなりのブートに手を出してしまいました。
そのため新作に収録予定の楽曲をほとんど聴いてしまい期待感は減ってしまいましたが、アルバム正式リリース後のファンやメディアの反応、そして来日公演が非常に楽しみです。
[PR]
by velvet_iris | 2007-01-21 20:12 | The 69 Awards 2006
<< The 69 Awards 2... The 69 Awards 2... >>