Journey / Greatest Hits Live(1998)
a0026447_21457.jpg 今朝iPodが再生したのは花火の打ち上げ音でした。

 そのあとすぐにThe Distillersの「Sick Of It All」のリフが始まり、今日はどのアルバムを紹介するか迷ったのですが、ルールに基づきこのアルバムを紹介します(笑)。

 アメリカン・ハード・ポップ・バンドの最高峰、Journeyのライヴ・アルバムです。最近は日本映画の主題歌にもなったM10「Open Arms」を含む、16曲が選曲されています。音源は1981年〜1983年の“エスケイプ”“フロンティアーズ”ツアー、ヴォーカルはスティーヴ・ペリーです。

 ライヴ盤であらためて感じるのは、このバンドメンバーの演奏・歌唱の巧さです。ライヴでテンション上がってる様子をあまり感じさせないです。しかし、スティーヴの「ココロカラ、ドモ、アリガト、トーキョー!」など、ライヴなりの臨場感はありますのでご心配なく。

 1983年の日本武道館公演で収録されたM2「Separate Ways」、M3「After The Fall」、M4「Lovin, Touchin, Squeezin」、M5「Faithfully」の4曲を含め、CDジャケット上は全16曲ですが、トラックにするとアルバム最後の「ショウの終わりを告げる花火の打ち上げ音」が17トラック目と認識されます。

 私は今朝、その花火で目が覚めました。台風なのに(笑)。
[PR]
by velvet_iris | 2004-06-21 21:06 | J/K/L
<< JET / Get Born(... Extreme / Porno... >>