メタルDVD☆いろいろ
a0026447_2355669.jpgオジー・オズボーン、86年のライヴ映像作品がDVD化
(CDジャーナル 2006/12/07)

全国1億2千万人のオジーファンが泣いて喜び、鳩の首を噛みちぎっちゃいそうなDVDがリリースされます。
以前VHSとLDでリリースされたものの、なかなかDVD化に至らなかった「Live+More! The Ultimate Ozzy」です。
内容はジェイク・E・リー在籍時、86年のカンザスシティでのライヴで、今は亡きランディ・カスティロがドラムをプレイしています。
LAメタル全盛期のライヴだけあって、セットも豪華。結婚式のゴンドラみたいなので登場するオジーの髪もブロンドです。
しかし、なんといっても目玉はジェイクのギタープレイ。
現在のギター・プレイヤーであるザック・ワイルドは、大股を開いて力技で弾き倒すという、まさに腰の座ったプレイですが、ジェイクは違います。
華麗というか流麗なアクションは当時のギター・ヒーローのなかでも際立っていました。
テクニックは真似できなくてもアクションはさんざん真似した覚えがあります。

現在出回っているブート映像もザック時代がほとんどで、ジェイクの映像というものは滅多に出てきません。
はじめてジェイクのプレイを観ることができる若いファンは衝撃を受けること間違いないでしょう。
VHS版ではライヴ映像のあとに“Shot In The Dark”“The Ultimate Sin”などのPVが収録されていましたが、DVD版は不明です。
発売は来年の1月24日、税込3,990円の予定です。


a0026447_23553917.jpgシンデレラ、91年のライヴDVDが日本発売
(CDジャーナル 2006/11/22)

ついでという訳じゃないですが、コチラもご紹介。
昨年「In Concert: The Heartbreak Station Tour」というタイトルで輸入盤がリリースされていたシンデレラのライヴDVDが国内盤として発売されます。
ルックスはいわゆるLAメタルなんですが、サウンドのほうはブルージィーなハードロックをプレイしていた彼ら。
ギターヴォーカルのトム・キーファーのハスキーな声はたまりませんよ、今でも。
3rdアルバム「Heartbreak Station」からの曲はもちろん、“Gypsy Road”やバラードの名曲“Don't Know What You Got”も収録されているとのこと。
発売は来年の2月22日、ニャンニャンニャンの日ですね。こちらも税込3,990円の予定です。
発売元がコロムビアという点は微妙ですが、しょっちゅう発売延期になるワーナーよりは期待して待つことにしましょう。


a0026447_23562138.jpgユニバーサルミュージックが誇る豪華アーティストのDVDを初回生産限定価格で一挙リリース!
(ユニバーサルミュージック HR/HM DVD CAMPAIGN)

こちらはすでにリリースがはじまったユニバーサルのリイシュー・キャンペーン。
ガンズやキッス、ボン・ジョヴィにディオなどの過去にリリースされたDVDが廉価版として期間限定で販売されています。
すでに何度か廉価版として再発されているタイトルも今回が一番安い。
つまりは「底値」ですよ、奥さん!
底値という響きは私も大好きです(笑)。
一方ですでに持ってるタイトルが含まれているのは悔しかったりしますけどね。
で、このページの下にはイングヴェイの「ライヴ・イン・レニングラード」や「ライヴ・イン・ジャパン '85」といった魅力的な新譜タイトルも目白押し。
年末年始はメタルDVDで昇天デス!
[PR]
by velvet_iris | 2006-12-11 23:56 | Pickups
<< おめでとう 12月☆いろいろ >>