Eric Clapton / Me And Mr Johnson(2004)
a0026447_154731.jpg クラプトンが敬愛する数々のブルーズマンのなかでも、「悪魔に魂を売った」という伝説で有名なロバート・ジョンソンの曲をカヴァーしたブルーズ・アルバムです。

 私が所有している本格的なブルーズ・アルバムはロバート・ジョンソンの「Complete Recordings」というアルバムと、今年発売されたこのアルバムの2枚だけです。私はそれほどブルーズに思い入れはありません。「ブルージーなギターフレーズ」とかは大好きなんですが、ブルーズそのものとなると殆ど聴きません。

 大袈裟に言うと、全部同じ曲に聴こえてしまうんですよね。日本の演歌もそう感じます(笑)。十二小節の繰り返しがそう感じさせるのかも知れませんね。こんな事を書くと「お前の耳はアホか」、「お前はブルーズの良さを分かっちゃいない」とブルーズファンの方からお叱りを受けそうですが…。

 ですから、14曲入りのこのアルバム一枚程度でお腹いっぱいになってしまい、「もっと聴きたい」という気持ちにならないんです。2枚のアルバムについても、曲そのものではなくギター・プレイを聴きたくて購入しましたが、BGM程度に聴く程度です。

 ちなみに、悪魔に魂を売ったという「クロスロード伝説」に興味のある方は、ラルフ・マッチオ主演の映画「クロスロード」(1986・アメリカ)をご覧になると良いかと思います。スティーヴ・ヴァイのギタープレイなんかも楽しめますよ。
[PR]
by velvet_iris | 2004-06-18 15:48 | D/E/F
<< Cocco / サングローズ(... Joan Jett / The... >>