ケリー、日本のテレビでF@@k連呼するの巻
a0026447_2322058.gif昨夜のヘビメタさn …いや、「ROCK FUJIYAMA」にスレイヤーのケリー・キングが出演していました。
本国アメリカでもめったにテレビ番組には出演しないHM/HR界の最凶ギター・プレイヤーが、日本のましてやバラエティ番組に出演するなんて。

で、ブラウン管を通して観たケリーの印象は、小さい。
190センチ、100キロくらいありそうなイメージだったのに。
いつもヒールの高いブーツを履いているマーティーが小さいのは薄々感じていましたが、マーティーとさほど変わらないんです。公称178センチの鮎貝健よりも低そうなのにはちょっと驚きました。
でも手だけは大きかった。
それともケリーVはショートスケールなのか?


a0026447_2344550.jpg妙な緊張感と共にロック百人一首のコーナーや紙相撲(笑)と進み、マーティーとのセッションは親友ダイムバック・ダレルに捧げるパンテラの“I'm Broken”。
好きなアーティストを訊かれてエルトン・ジョン、イーグルスの名前が出たのは意外でした。
しかし、マーティーが「じゃあ、“ホテル・カリフォルニア”弾いてくれない?」と言ったところ、「冗談じゃねぇよ!やれるわけないだろ!俺はスレイヤーだぞ!何言いやがるんだ!こんな番組出てらんねーよ!」とF@@k'in連発で激怒してました(笑)。
いいのか? F@@k使いまくって。
[PR]
by velvet_iris | 2006-11-01 02:39
<< 11月です フェンダー、設立60周年! >>