Stryper / In God We Trust(1988)
a0026447_1379.jpg この「ストライパー」というバンド、1980年代中期の洋楽ファンの方なら、HR/HMを聴かない人も雑誌などで目にしたことがあるのではないでしょうか。思い出せない方は「黄色と黒色のしましま」というキーワードでなにか浮かんできませんか。思い出してください、あの頃を…。

 1980年代中期のアメリカの音楽シーンではHR/HMが盛り上がっていました。イギリスで発生したNWOBHM(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)がアメリカに渡り、それまでのアメリカン・ロックと融合した新しいハード・ロックが誕生したのです。多くのバンドはロサンゼルスを活動拠点としていたことから「LAメタル」と呼ばれ、ひとつの音楽ジャンルのようにも捉えられていました。

 その「LAメタル・ムーブメント」が終焉を迎える1980年代後期までのあいだに、様々なロック・バンドが出現しましたが、その中でもStryperは強烈なイメージを私に残してくれました。

 冗談のような強烈なヴィジュアルはさておき、音のほうはツインギターとコーラスで美しいメロディを聴かせてくれます。この4thアルバムの中でも、カリフォルニアの風のように爽やかなM2「Always There For You」や、M4「I Believe In You」などは今でも名曲だというファンも多いでしょう。ヴォーカルはハイトーンに限る、というこだわりの方には迷わずお薦めのバンドです。

 …思い出しましたか? あの「黄色と黒色のしましま」集団を。全盛期においては衣装をはじめ、楽器、バンドのロゴまで笑っちゃうくらい統一されていましたよね。やがて普通の衣装に落ちつき1990年代初期まで活動していましたが、やがて解散しました。昨年再結成をしたらしいのですが、衣装はどうだったんでしょうか。少し気になったりします。
[PR]
by velvet_iris | 2004-06-16 13:08 | P/Q/R/S
<< Joan Jett / The... Badlands / Badl... >>