Sandy West(1959−2006)
a0026447_22353363.jpgランナウェイズのドラマー。
2006年10月21日、病死。
享年47歳。
死因は肺癌。

サンディ・ウエストはランナウェイズの結成メンバーの一員だったことを誇りに思っていた。
普通のティーンエイジャーたちが高校へ通ったりプロムパーティーの計画を立てているころ、サンディとランナウェイズは音楽の遺産を造っていた。ラモーンズ、ピストルズそしてブロンディのようなバンドに影響された彼女たちの演奏スタイルは、やがてパンクムーヴメントの一端を担うようになった。

バンド解散後、サンディはリタ・フォードと共にしばらく活動を続けた。
80年代に入ると彼女はサンディ・ウェスト・バンドを結成。旧友のシェリー・カーリーもときどき参加し、ロケットシティ・レコードからシングルリリースも果たしている。

やがてサンディはハードロック・ドラマーとしての頭角をあらわすようになる。
さらに彼女は優秀なフロント・ウーマン、ドラマー、ソングライターで、ライヴではドラムを叩きながらヴォーカルもこなしていた。
まるでこの世に生まれる前からドラムをプレイすることが宿命付けられていたような攻撃的な彼女のドラムは男女問わず幅広いドラマーに影響を与えた。

2005年にサンディは癌と診断され、過酷な闘いは2006年10月21に終わった。
音楽の遺産を後世に残すこと以外に、彼女を愛する大勢の人々を置き去りにして行ってしまった。
彼女の影響はいつまでも強く残るだろう。彼女を知る者、彼女に感謝する者、彼女を愛した者。そして「サンディ・ウエストのようになりたい」とスティックを握った全てのドラマー達に。
[PR]
by velvet_iris | 2006-10-21 22:34 | R.I.P.
<< どーも ニュース☆いろいろ >>