地下鉄の天使
二年前くらいだろうか。
会社帰りに市ヶ谷の地下鉄のホームで電車を待っていると、隣に美しい女性が並んだ。
私は前を向いていたが、“美しオーラ”を感じたので、失礼だと思いつつ、つい横を向き顔を拝んだ。
その女性はやはり美しかった。
年齢は二十代半ばくらいだろうか。色が白く、背が高い。首が長くて姿勢が良かった。
一瞬視線が交差したのだが、彼女の口元は口角があがっていてまるで微笑んでいるようだった。

新宿へ向かう車内でも彼女はすぐそばに立っていた。
やはり身長が高い。
目線は私と同じくらいだが、腰の位置が一段高い。

「素人じゃないんだろうな」

そんな事を考えているうちに電車は新宿へ着き、私は電車を降りた。
それが二年前だ。
それから全く思い出すこともなかったのだけれども、さっき再会してしまった。



NHK教育「ハングル講座」に出演してました(笑)。
ま、一方的ですが再会ですよ、再会。
a0026447_0295535.jpg名前は嵯峨百合子クン。

二年前で視線が合ったのはほんの数秒ですが、間違いないっす。
この画像よりもテレビ、テレビよりも実物が断然美しいっす。

さっそく検索してみると「2004年度ミス日本グランプリ」とのこと。
やっぱ素人じゃなかった。

♪Intimate Secretary
 The Raconteurs
 Broken Boy Soldiers(2006)
[PR]
by velvet_iris | 2006-05-10 00:30
<< 「ロック中心ブログのはずなのに... 連休も終わりですね >>