69 Awards 2005: Album Of The Year
a0026447_2221135.gifトリノオリンピックも日本勢の活躍で大いに盛り上がっている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
トリノといえば、イタリア。
イタリアといえば、パスタ。
パスタといえばマルちゃんの焼そばシリーズに“おはしで食べるイタリアン ナポリタン焼そば”が加わったのをご存じでしょうか。
まろやかなケチャップ味がなかなかいけますよ。
ということで早速、「69アワード2005 最優秀アルバム」の発表です。
ノミネートは“結局メジャーなとこに落ち着いたのね”感がある下記の5作品。


■Liz Phair / Somebody's Miracle
a0026447_2264118.jpgアヴリル・ラヴィーンで有名なプロデュース集団マトリックスを擁した前作「Liz Phair」から2年ぶりの5thアルバム。今回はミシェル・ブランチからボン・ジョヴィまで、幅広いアーティストを手掛けているジョン・シャンクスがプロデュースに参加しています。このアルバムで彼女が目差したものはスティーヴィー・ワンダーの名盤「Songs In The Key Of Life」(1976)だそうで、負けず劣らず愛に溢れた一枚です。


■Sheryl Crow / Wildflower
a0026447_2272565.jpg上のリズ・フェアも参加した前作「C'mon C'mon」から3年ぶりの5thアルバム。こちらにもジョン・シャンクスがプロデュースで参加。ベックの父親、デヴィッド・キャンベルが手掛たストリングス・アレンジのおかげで端々に“重さ”“暗さ”が感じられますが、全体的には婚約者に捧げた“優しさ”の詰まったバファリンのような作品です。それだけに今年に入ってからの婚約解消のニュースには驚きました。


■Stereophonics / Language. Sex. Violence. Other?
a0026447_2275422.jpg上記2作品はいずれもアーティストの5作目だったわけですが、なんと偶然にもステレオフォニックスの新作もそうでした。長年連れ添ったドラムのスチュアートを解雇し、初のメンバーチェンジを経て制作された5thアルバムは全英No.1を獲得したM5「Dakota」、個人的に大好きなM6「Rewind」などなど、“本気で勝ちに来た”という感じの作品です。ただ、初回限定のDVDはいただけないな、ありゃ。


■Weezer / Make Believe
a0026447_2282410.jpgわ、こちらも5thアルバムだ! 前作の出来に愛想尽かして「もうウィーザーは買わない」と思っていたのをリヴァースに謝りたい。私的に前作×で新作に期待していなかったといえばオアシスもそうなんですが、オアシスの新作が無難なトコに着地したのに対して、ウイーザーはK点越えという感じ。ジョーン・ジョットのあの曲に似たM1「Beverly Hills」を始め、全編シングル・カットできそうな曲揃いです。


■The White Stripes / Get Behind Me Satan
a0026447_2285699.jpgわ、わわわ!なんという偶然だ。こちらも2年ぶりとなる5thアルバム。これは何かの暗示でしょうか。ちなみにオジーの5作目は「No Rest For The Wicked」。オープニングの「Miracle Man」のリフを初めて聴いたときは鳥肌でした。ホワイト・ストライプスの新作も鳥肌立ちまくりのM1「Blue Orchid」からスタートします。ロックのいかがわしさ、カッコよさが詰まった傑作です。





69アワード2005 最優秀アルバムは、
リズ・フェアの「Somebody's Miracle」です。
a0026447_229324.jpg



ノミネートした他の4作品をはじめ、ドラマゴッズやリサ・マリー・プレスリー、ボン・ジョヴィにラスマスなどなど、2005年は良いアルバムの“豊作”だったと思います。
しかし、この69アワード最優秀アルバムの選考基準は「棺桶に入れて地獄に持っていくならこの一枚」。泣く泣く他の候補と差別するには“聴いた回数”で決定するしかありませんでした。

リリース順でいくならば、「Language. Sex. Violence. Other?」が3月、「Make Believe」が5月、「Get Behind Me Satan」が6月、「Wildflower」が9月で、リズ・フェアの「Somebody's Miracle」は一番遅い10月リリースでした。
にもかかわらず、2005年で一番聴いたアルバムです。今年に入っても3日に一回はフルで聴いていると思います。
仕事から帰ってきて疲れている夕方。
兄から「競輪で一千万取った!」とのメールを貰って、なにをオネダリしようかワクワクしている夜。
ブログ更新のためにMacに向かってもな〜んにも浮かばない夜中。
「一千万円はウソだぴょ〜ん♪」というメールを読んで、悔しくて眠れなかった朝方。
どんな時間や場所、精神状態でもマッチするアルバムでした。

ひとつ不満があるとすればアルバム・ジャケット。
ジャケットのアイキャッチが気に入りません。
アルバムの雰囲気に合っていない気がするし、なにより美しくない。
もっと素敵な表情を見せる彼女なのだから、目線を外したものが良かったなあと思います。

さて、長い間引っ張り続けた69アワード2005もおしまいです。
69アワード2006は今年のうちに決着させる所存でございます。
次回からは通常営業に戻りますが、通常営業ってなんだったっけ?
最近まともなレヴューもみさきニュースもご無沙汰だし…。
まあ、適当に更新しときますので今後も夜露死苦♪
[PR]
by velvet_iris | 2006-02-19 22:14 | The 69 Awards 2005
<< 2/20 2月の16日になったわけだが >>