Smashing Pumpkins / Mellon Collie And The Infinite Sadness(1995)
a0026447_23415947.jpg 「ロックバンドは成功すると、必ず二枚組のアルバムをリリースする。間違いないっ!」長井秀和ではなくともこう叫びたくなるのは私だけではないはずだ。ビートルズは9作目、ツェッペリンは6作目、フーは4作目、ストーンズは、えーっと…16作目かな。とにかく、ある程度売れて金と名声を得たバンドが次に狙うものは「ものすごい大作」という金字塔ではないだろうか。バンド側の言う「アルバムのコンセプト上の都合」とかいう意見は建て前だろう。実績のない新人バンドがそんな事を言ってもレコード会社は聞いてくれないはずだ。

 今日のアルバムはスマッシング・パンプキンズが「ものすごいアルバムを作ってやる」と公言して作り上げた二枚組の3rdアルバム「メロンコリーそして終わりのない悲しみ」。本作が二枚組となったのも、やはり500万枚のセールスを記録した前作のヒットがあったからこそである。一見「調子に乗ってる」ようでもあるが、逆に言えば「充実している」時期のバンドだけに完成度は高い。オープニングからM2「Tonight, Tonight」への流れは鳥肌モノの美しさがあるし、ラストM28「Farewell And Goodnight」のエンディングまで静と動、光と影、3分以内の曲から10分近い曲までもが詰め込まれている。その“詰め込み”が最初はお腹いっぱいに感じ「一枚にしてくれれば良かったのに」と思ったものだが、長く聴き続けていると二枚組になった理由が分かる。悪く言えば「特出した曲がない」のだが、これは全体的に質が高いため。良く言えば「捨てる曲を選べない」ということだろう。

 二枚組アルバムはバンドのターニングポイントとなることが多い。GUNS N' ROSESは「楽曲の在庫一掃」と称して30曲をダブル・アルバムとして同時発売してから14年間もアルバムリリースできていない。スマッシング・パンプキンズも本作の700万枚というセールスが仇になり、次作の不振が解散の引き金になってしまった。
[PR]
by velvet_iris | 2005-02-28 23:45 | P/Q/R/S
<< Kiss / Kiss Sym... Strawberry Swit... >>