V.A. / The Rolling Stone Women In Rock Collection(1998)
a0026447_18344266.jpg 私は雑誌が好きだ。小学生のころ読み続けていたのはマンガ誌だが、マンガ以外で雑誌を買いはじめたのは何だろうと思い出してみた。20年以上も前なので曖昧だが、たぶん「ポパイ」とか「ホットドッグ・プレス」だろう。やがてオシャレに目覚めた頃はDCブランド全盛時代だったので、「チェックメイト」やら創刊されたばかりの「メンズノンノ」を読んでいた。音楽誌では、ひとつ年上の兄が毎月「BURRN!」を購入してくれていたおかげで私は「ミュージック・ライフ」や「インロック」「ポップ・ギア」をその月の気分で購入していた。ギターを弾きはじめてからは「ヤング・ギター」「ギター・マガジン」「Player」なども加わったので、狭い部屋には雑誌が山積みになっていたものだ。

 やがて好きなアーティストが見つかるとその情報を得るために洋書へ走ってしまうのだが、よく購入していたのが「Kerrang!」と「RollingStone」である。今朝iPodが再生したアルバムはローリング・ストーン誌の名を冠したコンピレーションで、50年代から90年代のあらゆるジャンルで活躍した女性アーティストの曲が全48曲、3枚のCDに収められている。アレサ・フランクリン、ダイアナ・ロス、キャロル・キング、リンダ・ロンシュタット、ドナ・サマー、プリテンダーズ、ジョーン・ジェット、ティナ・ターナー、チャカ・カーン、ユーリズミックス、バングルス、マドンナ、サラ・マクラクラン等、豪華絢爛のアルバムである。購入した当時は一作品でこれだけのアーティストが聴けるアルバムは貴重だったが、iTunes+iPodが発表されてからは有り難みがなくなってしまった。

 現在は雑誌を毎月購入することもなくなり、音楽誌でも「rockin' on」と「BURRN!」をたまに買う程度だ。捨てられずに保管してある雑誌はMac誌をはじめ仕事関連の雑誌の方が多い。ファッション誌が一冊も見当たらないところは既にオヤジ化している証拠だろうか。
[PR]
by velvet_iris | 2005-02-13 18:45 | V.A.
<< 良い子のヘビメタ学習帳 Carole King / T... >>