Ratt / Dancing Undercover(1986)
a0026447_1727335.jpg ちょっと前に知人と話していたら、あるテレビCMの話題になった。それは富士重工の「SUBARU R1」というクルマのCMなのだが、知人いわく「やんちゃな感じの声が可愛い」とのこと。そのときはピンとこなかったが、しばらくして「ああ、これか」と気付いた。やんちゃという印象は受けなかったが「のんびりした性格の良い子」というイメージを持った。しかし、声から想像するイメージと実物がかけ離れていたときのショックは大きい。私が小学生の頃に「恋に落ちて」という曲が流行し、子供ながらに「素敵な声だなあ」と思った事があった。子供ながらに自分好みの女性を想像していたのだが「ザ・ベストテン」で歌う本人を観て、あまりにもイメージとかけ離れていてショックを受けたトラウマがある。それからもTOKYO FMパーソナリティーの坂上みきサンとか、Kiroroのヴォーカルなどきりがない。

 今朝iPodが再生したラットのヴォーカル、スティーヴン・パーシーの第一印象は「声がエロい」だった。実際にエロいのかは別として、粘っこくて甲高いダミ声から想像した実物のスティーヴンはエロそうだったので「当たり」である。ラットといえばユニゾン一辺倒のツインギターとは一線を画すウォーレンとロビンのギターワークに注目してしまうが、一聴して誰だか分かる声を持つヴォーカリストも案外いないものだ。3rdアルバムとなる本作は前2作と比べると、少しだけ曲の幅が広がった印象を受ける。ザクザクッという攻撃的なリフだけではなく、ディレイを使ったM1「Dance」や、アルペジオから始まるM5「Body Talk」などはキャッチーだし、意外とシンプルなメロディでありながら一気に聴かせる魅力こそが「ラットン・ロール」と呼ばれる所以ではないだろうか。1stと並ぶラットの代表作でもあり、LAメタルの名盤の一枚だと思う。

 ちなみに冒頭で書いた「SUBARU R1」CMの声の主は木村カエラさんだそうだ。なるほど、声だけで想像したイメージに近いので「当たり」だ。今度、知人に教えてあげよう。

 ■ CMの動画はコチラ
 ■ 木村カエラさんのブログはコチラ
[PR]
by velvet_iris | 2005-01-22 17:30 | P/Q/R/S
<< Quiet Riot / Th... Lisa Marie Pres... >>