ZZ Top / Eliminator(1983)
a0026447_1745495.jpg あの広大なアメリカを日本の都道府県で例えるとテキサス州は何県がふさわしいのだろうか。高層ビルが立ち並ぶ大都市ニューヨークは日本で例えるとやはり東京と言って異論は無いだろう。ニューヨークに次ぐ大都市ロサンゼルスを含むカリフォルニア州は大阪みたいなものか。いや、対抗意識を持っているとなれば埼玉かも知れない。でも埼玉はニュージャージー州という感じもするなあ。

 そこで「日本のテキサス」というキーワードで検索してみると「岩手」「秋田」などがヒットした。それは何故だろう。やはり面積の広さだろうか。調べたところ、テキサスの人口と面積はともに国内2位らしい。そんな“デカさ”はアメリカの象徴みたいだ。しかし、私が「テキサス」という響きで連想するのは、“テキサス・ブロンコ”ドリー&テリーのファンク兄弟とZZトップである。

 今回紹介するアルバムはZZトップの9thアルバムである。私がZZトップを知ったのは13歳の頃。しかし知ったといっても聴いたわけではない。8thアルバムの「El Loco」(1981)のジャケットが印象に残ったというだけのことだ。やたら長いヒゲ、サングラスの風貌と「ZZ Top」というバンド名はどう発音するのか、という疑問だけが残った。それから4年経った頃、友だちの部屋に置いてあった本作が私のZZトップ初体験だった。当時流行していたヒューイ・ルイス&ザ・ニュースっぽいなあと感じはしたが、ギターの歪みっぷりとM1「Gimme All Your Lovin'」からM3「Sharp Dressed Man」までのリフが気に入った。次作「Afterburner」も好みの音だったので、その勢いで「El Loco」を聴いてみるとギターの歪みっぷりが好みでなく遠ざかってしまった。そう、ZZトップの路線は本作からハードになっていたのだ。ひょっとするとLAメタルの影響だったのかも知れない。それでも私にとってのテキサスなのである。
[PR]
by velvet_iris | 2005-01-07 17:49 | W/X/Y/Z
<< みさきニュース Jon Bon Jovi / ... >>